引越し メモ

久しぶりに引越し(賃貸→賃貸)したので忘れないようにメモしておく。

物件探し

不動産屋に掲示されている物件も基本ネットで見られるので、ネットで探せば問題ない。既に成約済みでも掲載されているオトリ物件もかなり多いので、複数見つけておく。(1件に絞り込んでもだいたい成約済みなので)

・鉄筋コンクリート
・鉄筋鉄骨コンクリート
・鉄骨(軽量、重量)
・木造
などの種類があり、騒音が気になる場合、鉄筋鉄骨コンクリートがおすすめと書かれていることが多いが、重要なのは戸境壁(部屋と部屋の壁)もコンクリートが入っているかどうか。内見の時にチェックする。もし騒音が気になるけど木造を選ぶ場合、築浅、最上階角部屋、隣り合っていない間取りを選ぶことが重要。

不動産屋へ問い合わせ

どの不動産屋でも物件は共通して見ることができるので、色々問い合わせしてみて対応の良さそうな不動産屋を見つける。物件を見つけるまで色々相談したり時間がかかるので、相性はかなり重要。ただ、内見があるので引越し先から遠い不動産屋だと少し不便。

その物件を管理している不動産屋(管理会社)の場合、仲介の不動産屋より詳しい話が聞けることもある。例えば騒音のクレームが発生しているとか。物件が確定していて問い合わせできる(賃貸の営業していない管理会社もある)管理会社ならそこに問い合わせた方がいい。

内見~物件申込み

気になった物件を内見するとき、実際に見てみると想像と違うこともあるので、複数予定しておく。

物件が決まったら申込む。物件は申込み順なので人気のある部屋は退去前に申込書がでていたりする。あまり悩んでいる余裕はない。

入居日は申込みの段階で決める必要がある。だいたい申込日から2週間~3週間後。旧居、新居の契約期間はできるだけ被らないようにしたほうがいいが、諸手続きあるので、ある程度は必要。

審査

審査は(保証会社を利用する場合)保証会社と大家さんの審査がある。保証会社の審査は収入から考えて問題のない家賃で、さらに過去に金銭面で問題がなければだいたい通る。クレジットカードの審査と同じ。

保証会社の審査が通ればだいたい大家さんの審査は通るが、極稀に大家さんの面談があったりする場合もあるし、不動産屋から大家さんへこちらの人間性も伝えられていているので、あまりに非常識な感じだと断られる場合もある。

審査通過後

電話やメールなどで審査が通ったと連絡があり、そこから契約手続きの日を決める。審査通過後から契約手続日までの期間でのキャンセルの可能性も無いわけではないが、退去は1ヶ月前に連絡しなければいけないところが多いので、直ぐに旧居の退去手続きした方がいい。

この時点で旧居の退去日と新居の入居日(鍵を受け取る日)が確定する。

旧居の退去手続き

旧居の管理会社へ連絡し、退去日、カギの返却方法、立会日、最終月の家賃の支払方法を決める。

通常、カギは退去日までに返却する。最終月の家賃は、退去月の家賃を通常通り振込んで日割りで返却、あるいは現金精算など色々ある。

退去後に管理会社がクリーニングの手配を行い、現状復帰が敷金の範囲内だったかどうか精算してくれて最終立会となるが、立会不要の場合もある。

日割の家賃と精算まで終わるのに数週間程度かかる。

引越屋探し

数社の引越屋に問い合わせをし訪問見積もりをしてもらう。訪問見積もりをしないと荷物を全て運べないなどのトラブルになるので注意。訪問見積もりは重要。

曜日や時間帯によって金額が違うので、引越し可能な日付を複数伝えて、それぞれ金額をもらう。(個人的に好きではないけど)見積もり金額をそれぞれに伝えてさらに値引きをお願いすることも可能。

・ダンボールはリサイクルかどうか?
・ダンボールは何箱支給されるか?
・ガムテープ、エアパッキンなどは支給されるか?
・割れ物はどのように梱包したらいいか?
・観葉植物は運んでもらえるか?
・PCなどの精密機器はどのように運ぶか?
・旧居、新居での運搬時に養生をするか?
・洋服はそのままで大丈夫か?
・悪いクチコミがあったけど、実際はどうだったのか?
・搬入時に部屋への設置までしてくれるか?
・トラックに全て積めなかった場合は?
・当日のトラックのサイズは?
・当日の人数は?
・曜日のみ指定で時間フリーの場合、最悪何時になる可能性があるのか?

などの質問をする。だいたいどこの引越屋も同じ回答のはずだけど、やりとりの回答を見積もり書に書いてくれるので、後々トラブルにならない。

インフラ手続き

インターネット以外はカギを貰った後でも間に合うがインターネットは時間がかかるので先に手続きしておく。

https://flets.com/first/move/iten.html
から問い合わせをすると、電話連絡が来る。

最初に確認しておくことは
・フレッツ光マンションタイプ対応かどうか。
・新居に光コンセントなどあるかどうか。※
確認できなくても手続きを進めることはできる。
新居に工事をする場合、
・工事日を決める。
・大家さんに許可を取る。
・終端装置を持っていくか変更か確認する。

※光コンセントを設置するのは、光配線方式のみ。
共有部まで光が来ている場合、VDSL,LANなどの方式もある。
・光配線方式
・VDSL方式(モジュラージャック)
・LAN方式(LANコンセント)

ちなみに、JCOM付き物件は、JCOMの初期メンテナンスの案内が来るが、断って大丈夫。入居してテレビ(を見る場合)映らないなどあれば連絡すればいい。もし必要なメンテナンス入居前に行うはずで入居者が立ち会う必要はない。

契約手続き

印鑑(銀行)、銀行口座分かるもの、住民票、車検証などが必要。契約に係る費用の振込も行う。

カギ受取り

インフラ手続き

電気、ガス、水道、各種保険の解約、契約。

引越準備

引越当日

引越後

・役所、転居
・郵便、転送
・年金、
・銀行、クレジットカードなど
・各種保険
・会社
・会社、保険証
・警察、運転免許
・霊園
・Webサービス
登録変更手続きする。

 

 

 

C# 勤続年数/年齢 何年何ヶ月の考え方

・勤続年数

特に定めのない計算の場合、端数処理には裁量がある。

年の期間を求める場合、一般的には一年未満の端数を切上げ(1年+1日でも2年)とすることが多く、同じように月の期間を求める場合は、1ヶ月未満の日の端数も切上げて1ヶ月とすることが多い。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1420.htm

ただ、日の端数を切上げたことにより1年を超えてしまい2年になるというような考え方はせず「1年未満の端数は1年に切上げる」だけと考えることが普通。

月の部分については、切上げ(1日でも所属したら1ヶ月とする)以外にも、日付を無視する計算方法もある。

イメージとして切上げは開始月を月初に、終了月を月末にしていて、日付無視は開始月と終了月を同じ日にしていると考えると分かりやすい。

・年齢

年齢の何ヶ月の部分は月末をどうするかが難しい。シンプルなのは先ず、
経過月 = 終了月-開始月
で経過月を算出し、
終了月の日 = 月末 OR 開始月の日 <= 終了月の日
満たさない場合、経過月-1月
という計算式。あるいは、
終了月の日 != 月末 AND 開始月の日 > 終了月の日
満たす場合、経過月-1月

開始月の日 <= 終了月の日
という部分は普通の考え方で、
終了月の日 = 月末
という部分は、開始月、終了月が月末の場合、1/31~2/28など最初の条件を満たさなくても、1ヶ月プラスされる部分があり、この場合、開始月側は何日であっても問題ないので終了月側だけ月末かどうか判断している。

ただ、月末同士で1ヶ月と考える方が自然ではあるけど、当然、
7/31-8/30で1ヶ月判定なし
8/31-9/30で1ヶ月判定あり
というよう結果もあるので少し気持ち悪さも残る。

・当年度末の勤続年数/年齢

時々出てくる当年度というのはだいたい4月~3月の期間で、会社によって締日が月末ではない場合もあり、例えば20日締の場合など3/21~3/20のようになったりする。先ず、現在の年の3月20日として、もし現在が3月20日以降の場合、現在の年に+1年の3月20日にする。

ちなみに年度末が12/31を指す場合は、現在の年の12月31日とすればいいので特に計算する必要はない。

 

 

 

C# Access(accdb) 接続

フォルダ整理 メモ

フォルダ分けはファイルを入れるときに迷うことがないぐらいのざっくりで、ファイルの探し方は更新日でソートか、通常検索か、自作検索で見つけるという感じで運用している。

1人の場合はこれで問題ないけど、複数人で利用する共有フォルダの場合、ある程度ルール化する必要がある。業務の種類によって作成するファイルに違いがあり色々な意見がある。

C# ファイル検索+指定秒数でサムネイル作成(FFmpeg)

フォルダの命名規則を決める

・固有名詞(仕入先名、客先名、担当者名など)
・業務名(在庫管理、支払管理など)
・部署名(経理部、製造部など)
・インデックス(ABC…、あ行か行…など)

基本的に命名規則以外のフォルダを作らない。

フォルダの構造を考える

例)
業務>インデックス>名称

支払管理
├ あ行
│ └ あいうえお株式会社
├ か行

例)
部署名>業務名
部署名>固有名詞

全社共通
└ 申請書類
部門別
├ 製造部
│ └ 工程管理
└ 経理部
 ├ 支払管理
 └ Aさん(個人フォルダ)

フォルダの階層構造は変更禁止

一度決めたフォルダ構造は部門長(あるいは担当者)のみ変更可能とする。
より厳格に運用する場合(堅苦しいが)フォルダ構造を台帳化する。

ファイルを置いていいフォルダを決める

部門名フォルダにはファイルを置かない、○階層目まではファイルを置かないなど決め、禁止フォルダの中にファイルを作ると自動で削除するなどする。

フォルダの中身を整理する責任者を決める

個々に決めると大変なので、あるフォルダ以下の中身はAさんが整理するなど決め、定期的に部門長が、整理の目標(ファイル数を減らすなど)を指示する。

ファイルの命名規則を決める

版があがるファイルには必ず、日付やVER/REVを入れる。
(新、新々のようなファイルを作らない)

 

***

(2022年1月)電子帳簿保存法 電子取引データ保存

電子取引(メールやサイトからダウンロード)のデータは送受信ともに電子保存が義務。対象は取引情報(見積書、注文書、請求書、納品書、領収書など)

真実性の確保、可視性の確保が必要。
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/05.htm

・真実性の確保

方法として、
1.タイムスタンプ付与
2.訂正、削除の履歴が残るシステム
3.事務処理要件を定める
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/0021006-031.htm
がある。

・可視性の確保

1.日付、金額、取引先を検索条件として設定できること。
2.日付、金額は範囲指定できること。
3.任意の項目の組合せで検索できること。

税務職員による質問検査権に基づく電磁的記録のダウンロードの求めに応じることができるようにしている場合2,3は不要。
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/pdf/0021005-038.pdf
※P4
実際、ある程度高度な検索ができないと適切な管理ができないので注意。

 

Chrome拡張機能 右クリックから検索

選択した文字列をブログ検索

chrome.contextMenus.createはonInstalled.addListenerで追加しないとエラーになる。chrome.contextMenus.onClicked.addListenerは入れるとダメ。

C# 文字列からハッシュ値を計算

 

C# 文字列をAES暗号化

 

Outlook データファイル 最大サイズ対応

受信トレイのフォルダ構造をそのままにしたい。

ファイル>アカウント設定>データファイル>ファイルの場所を開く
エクスプローラでファイルの場所が開いたら、現在利用しているpstファイルを別名にてコピーする。

コピーしたpstファイルを
ファイル>アカウント設定>データファイル>追加

から追加し、設定から名前を変える。

元の受信トレイのメールを削除する。
最大サイズに達していて削除できない場合、Shiftを押しながら削除する。

削除したら、
ファイル>アカウント設定>データファイル>設定>今すぐ圧縮
を実施すると直ぐにファイルサイズが小さくなる。

VBA Worksheet_SelectionChange

 

KING OF TIME、サテライトオフィス、LINE WORKS連携

KING OF TIME

・LINE/DeveloperConsole
https://developers.worksmobile.com/jp/console/

API1.0>API ID>発行

Service API Consumer Key(下段)>発行
トークBotすべてにチェック>発行

トークンの有効期限と自動延長について設定する。
(自動延長を有効)

Server List(ID登録タイプ)>追加
サーバー名:任意
Keyの選択:Server API Consumer Keyで作成したもの

・KoT/勤怠管理画面

設定>その他>オプション
LINE WORKS連携を使用するに変更

設定>その他>オプション
LINE WORKS連携をクリック。

>Developerアカウント:管理者アカウント
>ドメインID:メニュー下にあるDomain ID
>API ID:
>Server API Consumer Key:
>サーバーID:Server ListのID
>サーバー認証キー:Server Listの認証キーでダウンロードするファイル

設定>その他>LINE WORKS連携設定>アカウント設定
対象の人にLINE WORKSのアカウントを登録
初回メッセージ送信を実行。(打刻メッセージの編集が必要な場合実行)

***

基本、出退勤+休憩+外出のみ打刻可能のよう。

サテライトオフィス・ワークフロー

・サテライトオフィスセットアップ画面
https://workflow.sateraito.jp/sateraito/worksmobile/contract/request?hl=ja

必要な情報を入力

>LINE WORKSのドメイン/グループ名
を入力。

・LINE/DeveloperConsole
https://developers.worksmobile.com/jp/console/

SAML Apps>追加
>Application Name:任意
>Description:
>Logo:
>ACS URL:セットアップ画面に記載有り
>SP Issuer(Entity Id):セットアップ画面に記載有り
>Name ID:
>Name ID Format:

次へを実行。

SAML Apps>変更>有効
保存。

SAML Apps>LINE WORKS Identity Provider情報>Certificate>ダウンロード

・サテライトオフィスセットアップ画面

X.509証明書 (Certificate)
にダウンロードしたファイルを開いて貼り付け。

会社名以降必要な情報を入力し、
確認する>お申し込みをする

***

メールが来るので確認する。