投稿者「okamura」のアーカイブ

C# PC情報取得

PC名、ユーザー名、インストール済みアプリ、ネットワーク情報を取得

WSLと.NET Coreの環境

WSLのインストール

optionalfeaturesにて、Windows Subsystem for Linuxを有効化。

設定>更新とセキュリティ>開発者向けにて、開発モードを選択。

Microsoft Storeアプリでディストリビューションをインストール。

最初の起動でユーザー名とパスワードを決める。

sudo apt-get update
sudo apt-get install gcc

起動用ショートカット
SET HOME=%~dp0
bash.exe

WSLに.NET Coreをインストール

https://www.microsoft.com/net/learn/get-started/linux/ubuntu16-04
を参考にする。

wget https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/packages-microsoft-prod.deb

sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb

インストール有無の確認
sudo apt-cache policy apt-transport-https
必要なら、
sudo apt-get install apt-transport-https

sudo apt-get install dotnet-sdk-2.1

通常の使い方

アプリ作成
dotnet new console -o myapp

実行
dotnet run
(myappの中で実行)

Visual Studioでプロジェクト作成

Visual Studioから、
ASP.NET Core Webのプロジェクトを作成する。

プロジェクトの右クリックから発行をして、WSL側のフォルダに保存。

転送フォルダにて、
dotnet WebApplication1.dll
を実行

an assembly specified in the application dependencies manifest…
とエラーがでた。

プロジェクトの右クリックから、
csprojを編集する。

以下の部分のVersionをubuntu側に合わせる。
<PackageReference Include=”Microsoft.AspNetCore.All” Version=”2.1.2″ />

dotnet –info
でバージョン確認できる。

.NET Core runtimes installed
の部分のバージョンを見る。

dotnet WebApplication1.dll
で実行。

自動起動

WSLなので.profileに入れてプロセスと同時に立ち上げる。

/usr/bin/dotnet /mnt/g/Dropbox/Workspace/Bash/html/WebApplication1.dll > /dev/null 2>&1 &

VBA 行数確認

全シート力技でループしていて随分時間がかかるなってとき。

C# エンコードオブジェクト取得

メソッド
System.Text.Encoding.GetEncoding(“utf-8”)

静的プロパティ
System.Text.Encoding.UTF8

コンストラクタ
new System.Text.UTF8Encoding(false)
ASCIIとUnicodeは、Encodingクラスから派生した専用クラスがあり、falseにするとBOM無しにすることができる。

UbuntuをLiveCDから起動

もしsshがなければ、
sudo apt-get install openssh-server

起動する。
/etc/init.d/ssh start

パスワードが空なので、
passwd

パスワードを指定したらTeraTermなどでログインする。
ユーザー名はubuntuとなっている。

Dockerメモ

ちょっとだけ触ってみた。

Registry
↑ Push
↓ Pull
Image  ← Dockerfile
↑ Commit
↓ Run
Container

インストール
apt-get install docker.io
service docker start

起動
sudo cgroupfs-mount
sudo usermod -aG docker $USER
sudo service docker start

利用方法

pull
イメージ取得

docker pull mysql:5.7.22 タグでバージョン指定もできる

images
イメージの一覧

rmi
イメージの削除

rmi {REPOSITORY} latestが消える
rmi {IMAGE_ID}

run {起動したいイメージ}
コンテナ作成

–rm 利用後コンテナ削除
–name 作成するコンテナに名前をつける
-it 中に入れる
-d バックグラウンドで起動
-p ポートマッピング
-v コンテナとホストのディレクトリをつなげる {ホスト側:コンテナ側}

docker run –rm -it –name aaa “mysql:5.7.22” /bin/bash
docker run –rm -v “/home/okamura:/home” –name bbb -it “mysql:5.7.22” /bin/bash
docker run –rm -d –name aaa -e “MYSQL_ROOT_PASSWORD=123” “mysql:5.7.22”
docker run –rm -it –name aaa -e “MYSQL_ROOT_PASSWORD=123” “mysql:5.7.22”
docker run -it -p 81:80 ddd /bin/bash

ちなみにMySQLの場合
Can’t create/write to file ‘/tmp/xxx’で落ちる。要調査。

docker stop
コンテナ停止

入っている場合は
exit
または、
Ctrl+Dでbashプロセスを止めると、コンテナも停止する

docker start -i {NAMES}
コンテナ再実行

docker exec -it {NAMES} bash
起動済みのコンテナに入る

ps
動いているコンテナ

ps -a
停止しているコンテナ

rm {NAMES}
コンテナの削除

 

 

C# observer

通常パターン。

C# IObserverメモ

C# 仕入管理(仕入帳)業務用

業務に使えるソフトということで作成。