Windowsシステム関連の不具合

だいたいWin7かWin10で調子が悪くなったときにやること。
不具合の対策と動作を軽くする内容が混ざっていて、あまり意味がないのもある。

・リモートなどでセーフモード再起動する場合
shutdown /(s|r|o) /t n秒

・ユーザー確認
net user
net user xxx

・エラーがでていないか全て目を通す。
eventvwr

管理イベントにトランザクション関連のエラーが出ている場合。
fsutil resource setautoreset true c:\

・デフラグ、エラーチェック。
ドライブ右クリック>ツール>エラーチェック
ドライブ右クリック>ツール>最適化
ドライブ右クリック>全般>ディスクのクリーンアップ

Win標準のデフラグツール+Win10ならSSDもOK。
不要ならデフラグのスケジュールを止める。

エラーチェックはcmdならchkdsk /f

・contig
contig -s c:\*.dll
contig -s c:\*.exe

・ファイルシステム
sfc /scannow
(Win10)dism /online /cleanup-image /restorehealth

sfcのログ
findstr /c:”[SR]” %windir%\Logs\CBS\CBS.log > “%userprofile%\Desktop\1.txt”

・休止状態を使わないなら
powercfg.exe /hibernate off

powercfg.exe /aで確認できる。電源落ちたらoff > ofする

・スタートアップ止める
msconfig
shell:startup
shell:common startup
またはccleaner等
(Win10)設定>プライバシ>バックグランドアプリ

・サービス止める
msconfig
services.msc

Microsoft以外。使わないならWidowsSearch等

・ツールで一時ファイル消す
ccleaner等

・WinSAT無効

taskschd.msc
>Microsoft>Windows>Maintenance>WinSAT
を無効

・IE
設定をリセットする。
履歴を削除する。
終了時に履歴を消す。

・sysdm.cpl > 詳細設定 > パフォーマンスオプション
視覚効果はパフォーマンスを優先し最低限のみ残す
詳細設定>仮想メモリをシステム管理サイズへ。メモリが十分な場合、ページングファイルなし

・ncpa.cpl
Qosと、Link-Layerの2つを止める。

・optionalfeatures
不要な機能を止める。

・(Win7)control>Windows Defender
自動スキャンとリアルタイムを止める。

・control>インデックスオプション
再構築。一時停止。

・(Win7)control>アクションセンター
・(Win10)control>セキュリティとメンテナンス

不要なら通知やメンテナンスを止める。

・control>トラブルシューティング>設定の変更
一つ上と同じ設定を開く。

・DNSとNetBiosのキャッシュクリア

ipconfig /flushdns
nbtstat -R

・タスクトレイを再構築
HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LocalSettings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TrayNotify
IconStreams、PastIconsStreamの2つのキーを削除してexplorer.exe を再起動。

・WindowsUpdate、SoftwareDistribution関連

%SystemRoot%\SoftwareDistribution
フォルダをセキュリティソフトの監視対象から外す

アップデートで上手くいかない場合は、wuauserv等を止めてSoftwareDistributionをクリアする。

・アイコンキャッシュ
del /a C:\Users\s.okamura\AppData\Local\IconCache.db
一度消して再起動する。

・powercfg.cpl
プロセッサの状態を上げる。

・Excel
バックグラウンドのエラーチェック、オートコレクトを止める。
不要アドイン解除

・control>デバイスとプリンター
不要デバイス削除

・taskschd.msc
不要なタスクを止める。