コマンドメモ Ubuntu

 less

-N
ナンバリング

-F
画面に収まれば自動終了

-R
カラー表示

-X
終了時画面クリアしない

-S
折り返し無し

-s
空白まとめる

-p xxx
文字反転

-O xxx.txt
パイプのみ、閲覧後ファイル保存

less起動後

q
終了

Shift+f (Ctrl+cで通常モード)
自動更新

g, G
先頭、末尾へ移動

j, k
一行の上下

f, b / w, z
一ページの上下

& xxx
xxxのみ表示
&で絞りんこんでShift+fで更新も可能。

/
検索(nで移動)

-S
折り返し無し。(移動は←, →)

テキスト関連

tr -f \r
Win改行を除く

nkf -wd ファイル名
改行をLinux文字コードをUTF-8

nkf -wd –overwrite ファイル名
そのまま上書き

nkf –guess ファイル名
文字コード判定

hexdump -c xxx
改行コード調べる

sed -e “s/,/\n/g”
カンマを改行へ

 aptコマンド

apt-get update
キャッシュの更新

apt-get upgrade
ソフトバージョンアップ

apt-get dist-upgrade
ディストリビューションのアップ

apt-get remove xxx
ソフトの削除

apt-get purge xxx
(apt-get –purge remove xxx)
設定ファイル残らないソフトの削除。

apt-get –purge autoremove
使っていないパッケージ削除(設定ファイルも)

apt-get autoclean
使っていないアーカイブ削除
(キャッシュされているけどインストールしていない.deb)

do-release-upgrade
OSのアップデート

dpkg -l
パッケージの一覧

dpkg -L パッケージ
インストールしたファイル一覧

起動関係

shutdown -h now
終了

shutdown -r now
再起動

プロセス関係

ps aux | grep httpd
プロセスのユーザを確認する。

ps -aux | grep apache
これでプロセス名を確認して
kill xxx
でプロセス終了。

pgrep -l apache
でプロセス番号を探すこともできる。

pkill プロセス名
で複数のプロセスを終了することもできる。

find

find . -name *a*
下位dirを調べる。dirとファイルを一緒に調べるので、アスタリスク必須。

SCP

scp ./example.tar user@210.123.45.67:/home/user/
example.tarを210.123.45.67に転送。

scp -r ./test username@example.net:/home/username
testディレクトリをexample.netに転送。

秘密鍵を使う場合、
scp -i 秘密鍵 コピーしたいファイルパス 受取先パス

その他

/etc/init.d/networking restart
IPアドレスが消えた場合。

cd –
戻る

ctrl + u
入力中を消す

xxx &
ジョブをバックグラウンドへ

jobs
ジョブ一覧

kill %1
ジョブを消す

source .bashrc
bashの設定変更後

サイズを調べる

df -h
デバイスのサイズ

du -h /var/
特定フォルダ以下のサイズ(階層指定の場合 du -h –max-depth=1 / )