簿記 当座預金

当座預金

小切手を振り出したとき貸方に記入。(当座預金のマイナス)
受け取った小切手は現金として扱い。

例)
現金1000を当座預金預け入れた。

仕訳)
当座預金 1000 | 現金 1000

例)
買掛金400のため、小切手を振り出した。

仕訳)
買掛金 400 | 当座預金 400

例)
売掛金200の分、小切手で受け取った。ただちに当座預金とした。

仕訳)
現金   200 | 売掛金 200
当座預金 200 | 現金  200

ただちに、と表現がある場合、現金を省略してもいい。

仕訳)
当座預金 200 | 売掛金 200

自己振り出しの小切手が戻ってきたときは、当座預金勘定の借方に記入。(当座預金を増やす)

当座預金 000 | 売掛金 000

例)
400売上を自己振り出しの小切手で受け取った。

仕訳)
当座預金 400 | 売上 400

当座借越

当座預金残高を越えても、借越限度額まで振り出すことができる。

処理方法として一勘定制と二勘定制がある。

二勘定制では、
・当座預金
・当座借越(負債)
という2つの勘定を使って処理する。

残高を越えた場合、残高ゼロになるまで当座で支払、足りない分を当座借越として処理する。

例)
買掛金2000支払うとき、当座1500借越限度2500。

仕訳)
買掛金 2000 | 当座預金 1500
_       | 当座借越 500

当座借越がある場合、当座預金はゼロ。

当座借越の残高がある状態で当座預金に預け入れたときは、
当座借越の返済を行う。(当座借越の借方記入)

例)
現金300当座預金に預け入れた。当座借越は500

仕訳)
当座借越 300 | 現金 300

例)
現金500を当座預金に預け入れた。当座借越残200。

当座借越 200 | 現金 500
当座預金 300

一勘定制では、当座勘定(混合勘定)の一つで処理する。

借方残=当座預金の残高を表す。
貸方残=当座借越の残高を表す。

例)
買掛金2000を小切手で支払う。当座預金1500、借越限度2500。

仕訳)
買掛金 2000 | 当座 2000

この時のT勘定

T)当座
1500 | 2000
貸方残なので、借越と分かる。

例)
現金300を当座預金に預入。当座借越残500

仕訳)
当座 300 | 現金 300

例)
現金500を当座預金に預入。当座借越200

仕訳)
当座 500 | 現金 500

この時のT勘定。

T)当座
1500 | 2000
300  |
500  |

この時点で借方残となるので、当座預金に残があると分かる。

当座預金出納帳

借/貸については、資産は借方残で、負債は貸方残でプラスの方にしか残高が残らない。
しかし、当座預金出納帳に限って、当座借越があり貸方残高になる場合がある。