簿記 手形

約束手形、為替手形に分類。

約束手形

振出人(作成者) → 名宛人(受取人)が流れ

受取手形(資産勘定)と支払手形(負債)を利用する。

例)
商品1000の購入代金として約束手形振り出し。

仕訳)
仕入 1000 | 支払手形 1000

例)
商品1000の売上として約束手形で受取った。

仕訳)
受取手形 1000 | 売上 1000

実際に支払ったときの処理。

例)
以前振り出した約束手形1000が支払われた

仕訳)
支払手形 1000 | 当座預金 1000

実際に現金を受け取った時。

例)
以前受取った約束手形1000が入金された。

仕訳)
当座預金 1000 | 受取手形 1000

為替手形

3者で使う手形。

振出人(作成者) → 名宛人/支払人/引受人(支払う人のこと) → 受取人(指図人という)
が流れ。

支払依頼のことを提示という。了承することを引受という。

B ←(提示)← A
B →(引受)→ A
A →(振出)→ C
B →(支払)→ C

振出人

名宛人に対して売掛金を持っている。
その代金の代わりとして手形を振り出す。

振出人の仕訳

例)
商品1000を仕入た。代金は売掛金先を名宛人とする為替手形を、
商品代金として振り出した。

為替手形を振り出したら、売掛金を貸方へ。

仕訳)
仕入 1000 | 売掛金 1000

引受人の仕訳

例)
買掛金先から為替手形1000の提示を受け引き受けた。

提示を受け、引き受けたら、貸方支払い手形。

仕訳)
買掛金 1000 | 支払手形 1000

指図人の仕訳

例)
為替手形1000を受取った。

仕訳)
受取手形 1000 | 売上 1000

まとめると、
振出したら、貸方=売掛金。
引受けたら、貸方=支払手形。
受取ったら、借方=受取手形。

裏書譲渡

受取手形という権利のやりとり。

譲渡する側の仕訳
仕入 | 受取手形

受取る側の仕訳
受取手形 | 売上

譲渡する側

例)
商品1000仕入。約束手形を裏書譲渡した。

仕訳)
仕入 1000 | 受取手形 1000

受取る側

例)
商品1000を販売し、約束手形の裏書き譲渡された。

仕訳)
受取手形 1000 | 売上 1000

自己振出の約束手形を裏書譲渡された場合

支払負債が消えたということなので、借方に支払手形勘定を記入する。

譲渡する側は一緒で、貸方に受取手形で、受取側は自己振出なので、借方に支払手形となる。

例)
商品1000を売上、代金は自己振出を裏書譲渡された。

仕訳)
支払手形 1000 | 売上 1000

まとめ

裏書譲渡した~という表現があれば、貸方が受取手形となる。

裏書譲渡された~という表現があれば借方が受取手形となる。
(自己振出の場合のみ、借方が支払手形となる)

手形の割引

裏書譲渡の一種。相手が銀行。割引料(利息)が発生する。

貸方、受取手形として処理。割引料は、手形売却損勘定とする。
(利息等の表記であっても手形売却損勘定となる)

例)
約束手形5000を割引、割引料は300、残額を当座預金へ。

仕訳)
当座預金  4700 | 受取手形 5000
手形売却損 300

割引料の計算

手形金額 × 年利率 × (日数÷365)
あるいは、
(手形金額 × 年利率 × 日数) ÷ 365

金融手形

金融手形と呼ぶ。そういう種類があるわけではない。貸し借りの際に借用書代わりに使う場合。

通常どおり借用書での貸付の場合、貸付金勘定だが、約束手形がある場合、手形貸付金勘定となる。
金銭を借り入れる場合、手形借入金勘定となる。

手形貸付金、手形借入金は、貸付金、借入金勘定を使用する場合もある。

例)
現金10000を貸付、約束手形を受取った。

仕訳)
手形貸付金 10000 | 現金 10000

ここで借方、受取手形とする間違いが多い。
(借入、貸付と手形という表記がでてきた場合注意)

例)
現金10000を借入、約束手形を振り出した。

仕訳)
現金 10000 | 手形借入金 10000

受取手形記入帳・支払手形記入帳

手形の発生から消滅まで記入。

受取手形記入帳

てん末より左は手形を受取った時(借方、受取手形)
貸方は、摘要欄を見る。

8/5の仕訳

仕訳)
受取手形 2000 | 売上 2000

てん末は結果。(貸方、受取手形)

仕訳)
当座預金 2000 | 受取手形 2000

支払手形記入帳

てん末より左は振り出した時(貸方、支払手形)
てん末より右は借方、支払手形。