Dockerメモ

ちょっとだけ触ってみた。

Registry
↑ Push
↓ Pull
Image  ← Dockerfile
↑ Commit
↓ Run
Container

インストール
apt-get install docker.io
service docker start

起動
sudo cgroupfs-mount
sudo usermod -aG docker $USER
sudo service docker start

利用方法

pull
イメージ取得

docker pull mysql:5.7.22 タグでバージョン指定もできる

images
イメージの一覧

rmi
イメージの削除

rmi {REPOSITORY} latestが消える
rmi {IMAGE_ID}

run {起動したいイメージ}
コンテナ作成

–rm 利用後コンテナ削除
–name 作成するコンテナに名前をつける
-it 中に入れる
-d バックグラウンドで起動
-p ポートマッピング
-v コンテナとホストのディレクトリをつなげる {ホスト側:コンテナ側}

docker run –rm -it –name aaa “mysql:5.7.22” /bin/bash
docker run –rm -v “/home/okamura:/home” –name bbb -it “mysql:5.7.22” /bin/bash
docker run –rm -d –name aaa -e “MYSQL_ROOT_PASSWORD=123” “mysql:5.7.22”
docker run –rm -it –name aaa -e “MYSQL_ROOT_PASSWORD=123” “mysql:5.7.22”
docker run -it -p 81:80 ddd /bin/bash

ちなみにMySQLの場合
Can’t create/write to file ‘/tmp/xxx’で落ちる。要調査。

docker stop
コンテナ停止

入っている場合は
exit
または、
Ctrl+Dでbashプロセスを止めると、コンテナも停止する

docker start -i {NAMES}
コンテナ再実行

docker exec -it {NAMES} bash
起動済みのコンテナに入る

ps
動いているコンテナ

ps -a
停止しているコンテナ

rm {NAMES}
コンテナの削除