Arch Linuxインストール

今回はVirtualBoxにて実験

インストールメディアからブート

基本インストール

・キーボードレイアウト

loadkeys jp106

・パーティション確認

fdisk -l

・起動モード確認

ls /sys/firmware/efi/efivars

ディレクトリがあればUEFI

・パーティション作成

parted /dev/sda
mklabel msdos
mkpart primary ext4 1MiB 100MiB
mkpart primary ext4 100MiB 100%
q

・partedコマンド

p
確認

q
終了

rm
削除

・パーティションフォーマット

mkfs.ext4 /dev/sda1
mkfs.ext4 /dev/sda2

・マウント

mount /dev/sda2 /mnt
mkdir /mnt/boot
mount /dev/sda1 /mnt/boot

・リポジトリ変更

/etc/pacman.d/mirrorlist
日本のリポジトリを一番上に移動。

・ベースシステムインストール

pacstrap /mnt base base-devel

・fstab

genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab

・chroot

arch-chroot /mnt /bin/bash

・ロケール設定

/etc/locale.gen
コメントを解除
en_US.UTF UTF-8
ja_JP.UTF UTF-8

実行
locale-gen
echo LANG=en_US.UTF-8 > /etc/locale.conf

・キーマップ設定

/etc/vconsole.conf
追加
KEYMAP=jp106
FONT=lat9w-16

・タイムゾーン設定

ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

・ハードウェアとシステムの日時同期

hwclock –systohc –utc

・ホストネーム設定

echo vm > /etc/hostname

/etc/hosts
追加
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost vm
::1 localhost.localdomain localhost vm

・DHCP有効化

systemctl enable dhcpcd

・rootパスワード設定

passwd
123

・GRUBインストール

pacman -S os-prober grub
grub-install –target=i386-pc –recheck /dev/sda
grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

・起動

exit
umount -R /mnt
reboot

・復旧する場合

起動メディアでブート

mount /dev/sda1 /mnt/boot
mount /dev/sda2 /mnt
arch-chroot /mnt

・VirtualBoxを含めネットワークの設定

VirtualBoxの設定でネットワークをブリッジに。
ncpa.cplからVirtualBoxのNICを192.168.11.200に。

・WiFiオン

wifi-menu -o

有線は自動でつながる

・IPアドレス確認

networkctl status

・DHCP停止

systemctl disable dhcpcd

・IPアドレス指定

/etc/systemd/network/static.network

[Match]
Name=enp0s3

[Address]
Address=192.168.11.201/24

[Network]
DNS=192.168.11.1

[Route]
Gateway=192.168.11.1

systemctl start systemd-networkd
systemctl start systemd-resolved
必要ならenable

・SSHインストール

pacman -S openssh
systemctl start sshd

/etc/ssh/sshd_config
追加
PermitRootLogin yes
AllowUsers root

・iptables設定

この段階では特に編集しなくてもつながる。

確認
iptables -L

/etc/iptables/iptables.rules
追加
-A INPUT -p tcp -m state –state NEW -m tcp –dport 22 -j ACCEPT

再起動
systemctl restart iptables

・vim

pacman -S vim

・samba

必要ならユーザー追加。今回はrootで処理。

useradd -c “Guest User” -d /dev/null -s /bin/false pcguest
chown pcguest:pcguest share

作成したユーザがパスにアクセスできること。

LAN向けなので、最低限

pacman -S samba

mkdir share
chmod ugo+rwx share

設定ファイル
vim /etc/samba/smb.conf

作成されない場合ArchLinuxのサイトにサンプルがあるので写す。
あるいは直接作成。

[global]
unix charset=UTF-8
dos charset=CP932
security = user
guest account = root
map to guest = bad user

[share]
path = /root/share
writable = yes
guest ok = yes
force create mode = 0777
force directory mode = 0777
share modes = yes
vfs objects = recycle

起動
systemctl start smb
systemctl start nmb
必要ならenable

動作確認
ss -ltnp

・dotnet

pacman -S dotnet-runtime
pacman -S dotnet-sdk
pacman -S aspnet-runtime

・pacmanコマンド

レポジトリ最新
-Syy

ソフト更新
-Syyu

レポジトリ検索
-Ss

ローカル検索
-Qs

インストール済みリスト
-Q

-S
インストール

-R
アンインストール

-Rs
依存も含みアンインストール

-Rns
アンイントール時のバックアップ削除

-Scc
インストール時のキャッシュ削除

-Sg
グループに含まれるパッケージ。

GUIの設定

・GUIとCUIの切り替え

Ctrl + Alt + F1,F2~

・グラフィックドライバ

環境にあわせて選択。
pacman -S xf86-video-intel
pacman -S xf86-video-amdgpu
pacman -S xf86-video-ati
pacman -S nvidia nvidia-utils

・調べ方

lspci | grep VGA

・xserver

pacman -S xorg-server
pacman -S xorg-xinit
pacman -S xorg-apps(必要なら)
pacman -S mesa(必要なら)

・キーコンフィグ

/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf
追加
Section “InputClass”
Identifier “Keyboard Defaults”
MatchIsKeyboard “yes”
Option “XkbLayout” “jp”
EndSection

・デスクトップインストール

pacman -S xfce4

echo “exec startxfce4” >> ~/.xinitrc

startx

・ロケール設定

/etc/locale.conf
追加(あるいは置換)
LANG=ja_JP.UTF-8

・フォントインストール

pacman -S otf-ipafont