Sambaのインストール

sudo apt-get install samba

必要なフォルダ作成

mkdir xxx
chmod ugo+rwx /xxx
フルアクセスにする。

設定ファイル

sudo vim /etc/samba/smb.conf

[global]
の中に以下追記。

unix charset=UTF-8
dos charset=CP932

security = user(デフォルト)

ゲストアカウントの許可について、
security=shareはverによってはダメなので、
代替として「security=user」+「map to guest=Bad User」の組み合わせ

securityの選択肢、
security = share パスワードだけ(Samba 3.6.0以降deprecated)
security = domain ドメインコントローラ
security = server ほかのSMBサーバにより
security = ads AD(アクティブディレクトリ)ドメインのドメインコントローラ
などある。

guest account = nobody
ゲストどのLinuxアカウントとして扱うか。

map to guest = bad user (もともと記述済み)
不正なパスワードは拒否だが、ユーザが存在しない場合ゲストとして扱う。

map to guestの選択肢、
Never=不正なパスワードによるユーザーのログイン要求を拒否。
Bad User=指定されたユーザーが存在しなかった場合はguest accountで指定したユーザーとして扱う。
Bad Password=不正なパスワードによるユーザーのログイン要求を guest accountで指定したユーザーとして扱う。

以下を最終行に追加。

[share]
[]は共有名となる。
path = /home/xxx
writable = yes
guest ok = yes (public = yesのエイリアス)
force create mode = 0777 (作成したファイルに付加されるアクセス権)
force directory mode = 0777 (作成したディレクトリに付加されるアクセス権)
share modes = yes (他人が開いているかどうかチェック。verによっては使えない)
vfs objects = recycle (ゴミ箱機能)

ちょっと設定が違うタイプ。

[private]
path = /home/xxx
writable = yes
guest ok = yes
force create mode = 0777
force directory mode = 0777
share modes = yes
vfs objects = recycle
browseable = no

アクセスについて

sambaのアカウントとlinuxのアカウントは別管理される。sambaでフォルダごとのユーザー管理が手間の場合、browseable = noとすると見えなくはなる。

Winから手動アクセスがないのなら、フォルダのアクセス管理で対応するのもひとつ。
chmod ugo+rwx /xxx

起動

testparm
で設定をチェックできる。

sudo /etc/init.d/smbd start
sudo /etc/init.d/nmbd start

Win7では接続できてWin10で接続できないのでWin10で色々やってみた。

sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/nsi

を走らせてSMB1とした。

処理後、管理ツール、サービス、Workstation、依存関係から確認できる。
が、接続できない。空のパスワードがダメかと思ったがHOMEのためローカルセキュリティポリシーが使用できないため、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa\limitblankpassworduse」
の設定値を0にしてみた。が、接続できない。

そういえばsambaとは関係なく以前も同じような症状があったと思い出し、資格情報マネージャ、Windows資格情報に、ユーザー名:guest、パスワード:空白で追加してみたら繋がった。

設定

comment
共有フォルダのコメント設定。
path
共有したいディレクトリのパス名を設定。
public
パスワードなしでのアクセスを認める。securityをshare以外に設定したときは意味を持たない。
guest ok
ゲストユーザでの接続を許可。
guest only
ゲストユーザのみ接続を許可。
guest account
ゲストとして接続するときのユーザ名を設定。
read only
共有フォルダへの書き込みを許可しない。
writable
共有フォルダに書き込めるように設定。
create mask
共有フォルダに作成されるファイルのパーミッションを3桁で指定。
directory mask
共有フォルダに作成されるディレクトリのパーミッションを3桁で指定。
force user
接続したときのユーザ名を無視して、指定したユーザとして操作。ファイルを作成したときは指定したユーザの所有になる。
browseable
共有フォルダの一覧に表示させる。noを指定すると隠し共有になる。
valid users
指定したユーザだけが利用できる。
invalid users
指定したユーザは利用できない。
write list
指定したユーザだけに書き込みを許可。
hosts allow
指定したホスト(IPアドレスも可)だけに利用を許可する。
hosts deny
指定したホスト(IPアドレスも可)からの利用を拒否する。

CentOSの場合(抜粋)

インストール
yum install samba

インストール確認
systemctl status smb nmb

自動起動
systemctl enable smb nmb

自動起動確認
systemctl is-enabled smb nmb

ファイアーウォール確認
firewall-cmd –list-all

ファイアーウォール追加
firewall-cmd –add-service=samba –permanent

ファイアーウォール再起動
firewall-cmd –reload

設定ファイル
/etc/samba/smb.conf