Sambaのインストール

sudo apt-get install samba

cd ~

mkdir f

sudo vim /etc/samba/smb.conf

[global]の中に以下追記。

unix charset=UTF-8

dos charset=CP932

security = user

security=shareはverによってはダメなので、代替として「security=user」かつ「map to guest=Bad User」の組み合わせ

guest account = nobody

map to guest = bad user (もともとあるっぽい)

以下を最終行に追加。

[srv]

path = /home/okamura/f (777にしている。パス間違えてハマった)

writable = yes

guest ok = yes (publicのエイリアス)

guest only = yes (全てgeustとして扱う)

force create mode = 0777

force directory mode = 0777

share modes = yes (verによっては使えない)

vfs objects = recycle

——————————————————–

testparm で設定をチェックできる。

——————————————————–

起動

sudo /etc/init.d/smbd start

sudo /etc/init.d/nmbd start

——————————————————–

Win7では接続できてWin10で接続できないのでWin10で色々やってみた。

sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/nsi

を走らせてSMB1とした。

処理後、管理ツール、サービス、Workstation、依存関係から確認できる。

が、接続できない。

空のパスワードがダメかと思ったがHOMEのためローカルセキュリティポリシーが使用できないため、

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa\limitblankpassworduse」

の設定値を0にしてみた。が、接続できない。

そういえばsambaとは関係なく以前も同じような症状があったと思い出し、資格情報マネージャ、Windows資格情報に、ユーザー名:guest、パスワード:空白で追加してみたら繋がった。