PCの電源関連

コンセント電圧と機器

100Vの機器に200V(海外など)をつなぐとショートしたりする。
機器によって100V-240Vなど表記してある場合もある。

ACアダプタ

基本的に純正を使う。

PCのACアダプタによくある
入力側は消費量、出力側はそこまで供給できる。

機器とACアダプタ出力側の関係
電圧 == 電圧(V)
電流 <= 電流(A) ※ACアダプタ側が小さいとACアダプタが故障する。
電力 <= 電力(W)

PCの電源ケーブルによくある
7A/125Vは、そのケーブルで7A/125Vまで流せるということ。

ACアダプタがないデスクトップはPCの内部で直流に変換している。

W(電力) = V(電圧) × A(電流)
Wは発電、消費、VA(V×A)は実際に流れる。

自宅にある機器の仕様を少し調べてみると、使い方などでかなり幅があるけど、
概ね、デスクトップ50~150W、ノート10~50W程度。

タブレットなどはさらに少ない感じ。