ルータ設定用ネットワーク基礎

・PPPoE(PPP over Ethernet)
電話回線上で認証を行い接続を確立するプロトコル。
基本はルータとプロバイダの接続。

PPPとは、パソコンからプロバイダまでの接続を実現
PPPoEとは、それをパソコンからLANケーブルでつないで実現

・PPPoEブリッジ
直接グローバルアドレスを利用できる。
LAN内にPPPoEが流れてきて使えるということ。

・UPnP(Universal Plug and Play)
接続するだけでネットワークに参加できるプロトコル。
ルータとりあえず無効化でOK(ソフトによっては影響がでるかも)

・UPnP Nat
ルータが自身のネットワークにブロードキャストで、自身の存在を知らせる。
PC側がそのパケットを受け取ると、ルータを越える必要のあるソフトを自動で検出して、
自身のIPをルータに知らせる。Wanへの特定ポートで来たアクセスをPCに転送する仕組み。

・NAT(Network Address Translation)
一つのローカルアドレスと一つのグローバルアドレスを変換する。
外部のIPアドレスは動的に選択するため外部からのアクセスに使えない。

・静的NAT
内部と外部のアドレスを固定して変換すること。

・NAPT(Network Address Port Translation)/IPマスカレード
複数のローカルアドレスを一つのグローバルアドレスに変換する。
ポート番号を利用してパケットの対応づけを行う。

・静的IPマスカレード
IPマスカレードを固定して管理すること。
外部からのアクセスに利用。

・NATトラバーサル
NAT越えともいう
NAT/NAPTを利用したネットワークでIPSecを利用する技術
IPSecパケットをNAT/NAPTを通過させるために必要な技術

・IPSec
暗号技術を利用し二点間を結ぶ技術で、インターネットVPNで使う技術の一つ。
SSLを使うとSSL-VPNやIPSec-VPN等となる。
IPSecはネットワーク層で動く。SSLはセッション層

・レイヤー
7.アプリケーション層
6.プレゼンテーション層
5.セッション層
4.トランスポート層(ポート番号)
3.ネットワーク層(IPアドレス)
2.データリンク層(Macアドレス)
1.物理層