C++」タグアーカイブ

C++ Win環境でコマンドラインから

C#のコンパイラはcscで、
C:\windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319
にある。

C++は何かと思うと、cl.exeで、
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\bin
にあるとのことなので、環境変数のパスに以下を加える。

その他の環境変数includeに以下を加える。
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\include

この段階だと、
corecrt.h
が無いとエラーがでる。

以下のパスもincludeに加える。
C:\Program Files\Windows Kits\10\Include\10.0.10240.0\ucrt

その他の環境変数libに以下を加える。
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\lib

この段階だと、
uuid.lib
が無いとエラーがでる。

環境変数libに以下を加える。
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1A\Lib

この段階だと、
libucrt.lib
が無いとエラーがでる。

環境変数libに以下を加える。
C:\Program Files\Windows Kits\10\Lib\10.0.10240.0\ucrt\x86

コンパイルのコマンドは以下。
cl /EHsc test.cpp
とりあえずここまでで動いた。

実際この辺りの処理は
C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\Tools\vsvars32.bat
で自動化されている。

Windows.h
が無い場合、以下をinclude環境変数に追加。
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v7.1A\Include

同時にLINK2019の未解決の外部シンボルのエラーがでる。
C:\Program Files\Windows Kits\8.1\Lib\winv6.3\um\x86
をlibに追加して、コンパイル時、
cl /EHsc test.cpp user32.lib
とする。

とりあえず最初に以下をやってみる。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff381409(v=vs.85).aspx

C++ Hello World

C++ での Hello World

sudo apt-get install build-essential

vim hello.c

#include<stdio.h>
int main(){
printf(“Hello World\n”);
return 0;
}

gcc hello.c
./a.exe

Visual Studioの場合C++のプロジェクトを作成できない場合、
新プロジェクト作成の画面でC++を選び、
Windows Visual Studio Tools for Desktopをインストールする。