WatchGuard VPN Client > OpenVPN GUI

ときどき利用しているWatchGuard VPN Clientの調子が悪く、接続プロセス中に止ってしまうことが多くなった。

情報も少なく原因追求もできなかったので、試しにOpenVPNのクライアントをそのまま使ってみようかと考えた。
https://www.openvpn.jp/download/
から
OpenVPN-x.x.x-I601-amd64.msi
をダウンロード+インストールし、
C:\Users\xxx\AppData\Roaming\WatchGuard\Mobile VPN
の中にある、
ca.crt
client.crt
client.ovpn
client.pem
の4つのファイルを、そのまま
C:\Program Files\OpenVPN\config
の中にコピーしたらOpenVPN GUIで接続できたので、しばらく使ってみる。

***

追記:数ヶ月利用してみた結果、OpenVPNの方が安定しているような感じで、一度も問題は発生しなかった。

一応、WatchGuardの方は、
https://software.watchguard.com/SoftwareHome
からFirebox and XTMの中で適当な製品を開き、
Mobile VPN with SSL xx.x for Windows
の最新版をダウンロードして入れたら動くようにはなった。

***

追記:1年以上OpenVPNを利用したが特に問題なし。

少し気になったのが、VPNを有効にすると、ネット接続が全てVPN経由になってしまうこと。時々切断を忘れることもあるので、特定のIPアドレスの範囲だけVPN経由に変更。

NICのメトリックで対応できるかと思ったけど、接続を実行すると、
ネットワーク宛先 / ネットマスク / ゲートウェイ / インターフェイス
0.0.0.0 / 128.0.0.0 / 192.168.113.1 / 192.168.113.5
128.0.0.0 / 128.0.0.0 / 192.168.113.1 / 192.168.113.5
(192.168.113.5がVPNのNIC)
というルーティングが追加されてしまうようでダメだった。

ちなみに、もともと存在するデフォルトルートは、
0.0.0.0 / 0.0.0.0 / 192.168.11.1 / 192.168.11.18
(192.168.11.18が物理NIC)

OpenVPNの情報が少なく適当ではあるけど、
C:\Program Files\OpenVPN\config\client.ovpn
に、
route-nopull
route 192.168.0.0 255.255.248.0
と追加した。
(192.168.0.1~192.168.7.254までVPN経由)

client.ovpnの名前を変更して、*.ovpnを複数作成すると、タスクトレイのアイコンから選択して接続できる。