Windows バッチファイルメモ

バッチでよく使う”%~dpnx1″について

%0: バッチファイル自身
%1: ドラッグしたファイル
~: ダブルクォートを除く
d: ドライブ名
p: パス名
n: ファイル名
x: 拡張子

使い方

set PATH=%~dp0;%PATH%
自身のフォルダのパス通す

start chrome %~dp0index.html
バッチと同じ場所にあるindex.htmlを開く

コマンドプロンプトでLameにwavを渡す

 

コマンドプロンプトでカレントディレクトリを移動する

コマンドプロンプトからしか使えないツール用。

FFmpegメモ(DVDをmp4にする等)

オプションについて

-c(-codec)
は-vcodecと-acodecをまとめてという意味で、
それぞれ指定する場合、
-vcode -acode
または、
-c:v -c:a
と指定する。

ストリームについて

ffmpeg -i xxx
でファイルを読み込むとストリームが表示される。
Stream #0:0
は、ファイル0番(ファイルは読み込まれた順)のストリーム0番という意味。指定するとき、0:vは0番目のファイルの映像全て、0:aは0番目のファイルの音声全て、と書くこともできる。

サンプル

・分割されたファイルを結合する場合
copy /b VTS_01_1.VOB + VTS_01_2.VOB o.vob

・VOBファイルをMP4に変換
ffmpeg -i i.vob -b:v 2000k -deinterlace -vcodec libx264 -acodec libmp3lame -b:a 256k -ar 44100 o.mp4

・コーミングノイズ除去
ffmpeg -i i.mp4 -deinterlace o.mp4

・DVDに書き込む用の動画を作成
ffmpeg -i i.mp4 -target ntsc-dvd o.mpg

・スケール変更(アスペクト比維持)
ffmpeg -i i.mp4 -vf scale=1280:-1 o.mp4
(16:9のDVDは1280、4:3のDVDは720)

・部分的に切り出す。
ffmpeg -ss スタート ポジション -i i.mp4 -t 切り出す長さ o.mp4

・切り出す長さは秒



・ファイルサイズを落とす。
ffmpeg -i i.mp4 -vcodec libx264 -b:v 1000k -acodec libmp3lame -ab 192k o.mp4

・mp3に変換。
ffmpeg -i i.mp4 -acodec libmp3lame -ab 256k o.mp3

・mp4(動画のみ)とmp3を結合
ffmpeg -i i.mp4 -i i.mp3 -vcodec copy -acodec copy o.mp4

・mp4とmp3を合成(ストリーム指定)
ffmpeg -i i.mp4 -i i.mp3 -c copy -map 0:v -map 1:a o.mp4

・静止画とmp3の結合
ffmpeg -f image2 -loop 1 -r 24 -i i.jpg -i i.mp3 -vcodec libx264 -shortest o.mp4

・指定秒数でサムネイル
ffmpeg -ss 10 -i i.mp4 -vframes 1 -f image2 o.jpg

・m3u8を保存
ffmpeg -protocol_whitelist “file,http,https,tcp,tls” -i i.m3u8 -movflags faststart -c copy -bsf:a aac_adtstoasc o.mp4

・指定領域を切り抜き
ffmpeg -i i.mp4 -vf crop=W:H:L:T o.mp4

・ノーマライズ
ffmpeg -i i.mp4 -af “volumedetect” -f null NULL
で最大dBを確認し、以下で指定。
ffmpeg -i i.mp4 -af “volume=6dB” -c:v copy -c:a aac o.mp4

・ファイル結合時の音ズレ修正

音ズレをチェックする場合VLCが便利。(ツール>トラックの同期化)
ここでは-0.8s(音を映像に対して先行させる)で合うことを確認。
ffmpeg -i i.mp4 -itsoffset -0.8 -i i.mp3 -c copy o.mp4

・一つファイル内で音ズレ修正
ffmpeg -i i.flv -itsoffset -0.5 -i i.flv -c copy -map 0:v -map 1:a o.mp4