C# DirectShow

DirectShow導入

以下のコマンドを走らせると、QuartzTypeLib.dllができる。
“C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v10.0A\bin\NETFX 4.6.1 Tools\TlbImp.exe” “C:\windows\System32\quartz.dll”
できたら、参照設定に直接追加する。

ちなみに、DirectShowでmp4を再生する場合、
ffdshow
をインストールする。
DirectShowフィルタのみチェックでOK。

Haali Media Splitter
をインストールする。
Disable MPC internal Matroska splitter
のチェックを外す。

GraphEdit

DirectShowを確認できるソフトだが、Microsoft SDKs\WIndows\V7.1\Bin\
には見つからなかった。最終的にGraphStudioNextというのが近いらしく、これを利用することに。

非公式だが、以下からだとgraph editが行けるらしい。
http://www.digital-digest.com/dvd/downloads/showsoftware_graphedit_141.html

とりあえず動画の再生

Accessについて色々

DBエンジン

・Microsoft.JET.OLEDB.4.0
Access2002対応, 2007非対応
(x86専用だが、WOW64で動く)

・Microsoft.ACE.OLEDB.12.0
Access2002, 2007対応

ADOとDAOの違い

DAOのほうが古く、ADOの方が新しい。
(DAOはAccess初期から、ADOは2000から)

DAOはJETエンジンを対象に開発され、途中からODBC接続も可能になったが、現在、利用することは少ない。

ADOはODBCの代わりにOLEDBを利用する。OLE DB Provider for ODBCを使ええばODBCも可能。

ADO の場合

VBAでの利用

DAO の場合

CreateObject(“DAO.DBEngine.36”)
2002対応, 2007非対応

CreateObject(“DAO.DBEngine.120”)
2002, 2007対応

VBAでの利用

取得のテスト

参考にその他のプロバイダ指定方法

Provider=MSDAORA:Oracle
Provider=SQLOLEDB:SQL Server
Provider=MSDASQL:ODBC

OLEDBドライバがない

ExcelからAccess接続したいなと思ったら、インストール可能な ISAM ドライバが見つかりませんでしたと言われた。

どうやら以下を読むと、2016/32bit(サブスクリプション)がクイック形式で入っていて、ドライバが入らないということらしい。

https://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2016/09/06/not_available_access_odbc_oledb_outside_c2r_applications/

https://blogs.technet.microsoft.com/officesupportjp/2016/09/08/howto_c2r_or_msi/

MySQLへのエクスポート

DSNを作っておくと自動でエクスポートできるとのこと。

http://dev.mysql.com/downloads/connector/odbc/
からmsiファイルでインストール。

コントロールパネル > 管理ツール > ODBCデータソース > ユーザー DSN > 追加
Accessを起動してテーブルデザインをエクスポート先のMySQLと合わせる。
テーブルを選択、右クリックからエクスポート > ODBC データソース
(すでに存在しているテーブルに上書きはできない)

ストアドプロシージャ

SQLServer

・定義

create procedure ストアドプロシージャ名
@パラメータ名 型
as
begin
処理
end

・変数

宣言
declare @変数名 型

データ型
varchar:文字列
int:数値
decimal:小数
date:日付

代入
set 変数 = 値

・カーソル
1行ずつループして処理する方法。

カーソルの宣言
declare カーソル名 cursor for (select 文)

カーソルを開く
open カーソル名

データの取得
fetch next from カーソル名 into 変数リスト

ループ処理の実行

while 条件式
begin
処理内容 where current of カーソル名
end

※ループの定番
while @@fetch_status = 0

カーソルを閉じる
close カーソル名

カーソルの開放
deallocate カーソル名

MySQL

CREATE ROUTINEの権限が必要。

・基本
create procedure sample01()
select now();
mysql>call sample01;

・削除
mysql>drop procedure sample01;

・一覧
show procedure status;

・中身
show create procedure sample01;

・引数をとる
create procedure sample01(in a int, in b int)
select a + b;
mysql>call sample01(10,5);

・返り値
create procedure sample01(out x int)
set x = 3;
mysql> call sample01(@var);
mysql> select @var;

・複数のクエリを発行
delimiter //
create procedure sample01()
begin
select 1;
select 2;
end//
delimiter ;
mysql> call sample01;

・IF文
delimiter //
create procedure sample02(in x int)
begin
if x = 1 then
select “inp 1”;
elseif x = 2 then
select “int 2”;
else
select “inp else”;
end if
end //
delimiter ;
call sample02(1);

・select~into文で変数へ
delimiter //
create procedure p(in a int, out sum int)
begin
select a * 2 into @tmp;
set sum = @tmp;
end //
delimiter ;
call p (4,@sum);
select @sum;

・カーソル単位で処理する

declare xxx cursorという形で宣言する。
for select でselectの結果を定義する。
fetch cursor for カラムで代入。
処理前にopenして最後にcloseする。

 

Windows ロック画面変更

ロック画面の変更

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Authentication \ LogonUI \ Background

右ペインの何もないところを右クリックし、メニューから<新規>→<DWORD値>と選択して、DWORD値「OEMBackground」を作成します。

DWORD値「OEMBackground」をダブルクリックします。

値のデータを「1」に変更

%windir%\system32\oobe」が開いたら、「info」というフォルダを作成。その中に、「backgrounds」フォルダを作成します。

「backgroundDefault.jpg」同フォルダ内にコピーします。

250KB以下にしないとダメ

Windows 初期設定

Win10インストール

・ローカルアカウント

Win10のローカルアカウントで設定したい場合、ネットワークを切断してインストールする。

インストールフォント

MeiryoKe_Gothic / Visual Studio / 13
MeiryoKe_Gothic / TeraTerm / 14
MeiryoKe_Gothic / Chrome
Source Han Code JP / VSCode / 14

インストールソフト

・AutoHotkey
・Happy Hacking Keyboard キーマップ変更ツール

AutoHotkey キー設定スクリプト

タスクスケジューラを使い管理者権限で起動している。

・ESET(定額版)

設定>コンピュータ保護>リアルタイムファイルシステム保護>除外の編集
以下を追加。
C:\pagefile.sys
C:\WINDOWS\SoftwareDistribution\DataStore

保護機能は全てを選び、ステータスは有効とする。

・Office 365

VBA Editorに行番号を表示させる。

regsvr32 “G:\Dropbox\Application\Windows\VB6IDEAddLineNumbersAddin.dll”
regsvr32 “G:\Dropbox\Application\Windows\VB6IDEAddLineNumbersAddin.dll” /u

Mouse Without BordersからInput Director

・Dropbox
・OneDrive
・Explzh
・LINE
・LINE WORKS

SoftEther Ubuntu/Win インストール

・WatchGuard

会社のVPNに接続のため。

ドライバーの更新は、
https://openvpn.net/community-downloads/
から、OpenVPNをダウンロード、インストール時、Driversだけ選択する。
(バージョンが新しすぎるとダメな場合もあるので注意)

クライアントごと使う場合、

WatchGuard VPN ClientからOpenVPN GUI

・ScanSnap Manager
・Adobe Acrobat

エクスプローラでサムネイルが表示されるよう設定。

・Adobe Bridge

バージョンによって、
C:\Users\xxx\AppData\Roaming\Adobe\Common\Media Cache Files
に数十GBもキャシュが作られてしまう場合、アクセス管理から該当フォルダのファイル作成を拒否にすればOK。

編集>環境設定>キャッシュ>
キャッシュサイズ:5GB
終了時にキャッシュを圧縮:有効
可能な場合は自動的にキャッシュをフォルダーから読み込む:有効

編集>環境設定>サムネール
サイズ表示を有効化

プレビューオプションを埋め込みにする。

・Adobe Illustrator
・Google Chrome

フォント

標準フォント:Meiryo
Serifフォント:Meiryo
Sans Serifフォント:Meiryo
固定幅フォント:MeiryoKe_Gothic

拡張機能

Keyboard Shortcuts to Close Other/Right Tabs

拡張機能画面の左側のメニュー>キーボードショートカット
から
Close Tabs to the right:Alt + Z
に設定する。

Chrome拡張機能 Google検索にfavicon

・IrfanView
・MPC BE

オプション>プレーヤー
シークバーのテキスト:なし
OSDを表示する:チェック外す

オプション>再生
再生:連続再生を選択

・iTunes
・Kindle Reader
・VisualStudio

ツール>オプション>環境>キーボード

1.「以下の文字列を含むコマンドを表示」から検索し対象のショートカット見つける。
2.「選択したコマンドへのショートカット」の右側にある削除を実行し、現在のショートカットを削除する。
3.「ショートカットキー」というラベルのテキストボックスに新しいショートカットを入力し割り当てを実行する。

ウィンドウ.次のタブ:Ctrl+PgDn
ウィンドウ.前のタブ:Ctrl+PgUp
ファイル.閉じる:Ctrl+W
表示.戻る:Alt+Left
表示.次に進む:Alt+Right
編集.行の削除:Alt+L
編集.選択した行を上へ移動:Alt+K
編集.選択した行を下へ移動:Alt+J

拡張機能
Viasfora

・VSCode

拡張機能をインストール
GitHub Theme

設定ファイル
%appdata%\Code\User\settings.json

PHPとGitの実行ファイルにパスを通す。
GitはPortable版、PHPはZip版を解凍し実行をファイルのみ取り出す。
“php.validate.executablePath”: “xxx/php.exe”,
“git.path”: “xxx/git.exe”,

フォント
“Source Han Code JP”

・FFmpeg

Winフォルダなどに保存してパスを通す。

・MySQL Workbench
・Google日本語入力

辞書には せん ——————————————————– だけ登録

AutoHotkeyに合わせてキー設定の変更を実施。

・GIMP

テーマより
C:\Program Files\GIMP 2\share\gimp\2.0\themes\Dark\gtkrc
style “gimp-dark-default-style”
の中に
font_name = “MS UI Gothic 10”
と追記し、
GimpDock::font-scale = 0.8333
を1に変更。

ショートカットを以下のように指定
“C:\Program Files\GIMP 2\bin\gimp-2.10.exe” -f -s
f:フォントを読み込まない
s:スプラッシュスクリーンを表示しない

・EmEditor

EmEditor 設定メモ

・Sound Forge
・VEGAS
・StreamlabsOBS
・4K Video Downloader
・G HUB

ここではG304を設定
DPI 速度:1200
レポートレート:250(節電のため)
DPIボタン:無効化
サイドボタン1:無効
サイドボタン2:Pause

・ゲームバー無効

Win10設定>ゲーム>Xbox Game Bar
チェックを外す。

・IME切替無効

Alt+Shift

Win10設定>時刻と言語>言語>キーボード>入力言語のホットキー>キーの詳細設定>
入力言語を切り替え>キーシーケンスの変更
割り当てなしに設定

Win+Space

Win10設定>時刻と言語>言語>優先する言語の日本語>オプション>キーボード
表示されている不要なIMEを削除。
あるいはAutoHotkeyにて
#Space::
を設定。

・マウス設定

ポインターの速度を6にして、ポインターの精度を高めるを外す。

マウスDPI、マウス速度(マウスのプロパティ>ポインターオプション>速度)という2つあるが、マウスDPIで調整した方がいい。

DPIとは物理的な1inch(2.54cm)で何ピクセル動くかと考えると分かりやすい。

・Logitec LDE-WX015U

ドライバ
https://www.displaylink.com/downloads/windows

・Administrator表示

net user administrator /active:yes

・Windowsフォルダにショートカット保存

d = dropboxフォルダ
s = DeInput
ir = IrfanView

・クイックアクセスへピン止め

デスクトップ
Download

・Explorerオプション

エクスプローラーで開く
>クイックアクセス。

フォルダーとデスクトップの項目の説明をポップアップで表示する
>チェックを外す。

フォルダーのヒントにファイルサイズを表示する
>チェックを外す。

プレビューウィンドウでプレビューのハンドラーを表示する
>チェックを外す。

同期プロバイダーの通知を表示する
>チェックを外す。

・固定キー機能の停止

Win10設定>簡単操作>キーボード

固定キー機能を使用する
からチェックを外す。

・クイック起動作成

新規ツールバーで以下を追加
shell:quick launch

エクスプローラ(ナビゲーション) 修正

Windows 端末的利用

Windows 不具合関連

Windows SMB1.0無効化

C# Seleniumの利用

Selenium Client & WebDriver Language BindingsのC#をダウンロードする。

解凍した中身をコピーする。

C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319

csc.exeがある場所と同階層にcsc.rspがあるのでと追記する。

/r:Selenium.WebDriverBackedSelenium.dll

/r:ThoughtWorks.Selenium.Core.dll

/r:WebDriver.dll

/r:WebDriver.Support.dll

.Netの標準dll以外で参照設定したサードパーティのdllは実行ファイルと実行ファイルと同フォルダ内に配置する。

Firefox以外は作成した実行ファイルと同じ場所にDriverが必要。

The Internet Explorer Driver Serverから32 bit Windows IEをダウロードする。

解凍した実行ファイル(IEDriverServer.exe)は作成した実行ファイルと同一階層におく必要はないが、パスが通ってないとダメ?ためしに、c:\置いたけどエラーがでる。

C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319に置くか、作成した実行ファイルと同一階層なら大丈夫だった。

 

MySQL alter、select評価順

・準備

create database DB character set utf8;

use DB;

drop table if exists TABLE1;
create table TABLE1(
id int primary key auto_increment not null,
name varchar(255)
) default character set=utf8

・Alter

テーブルのリネーム
alter table TABLE1 rename TABLE2;

列の追加
alter table TABLE2 add column NAME2 varchar(255);

列の変更
alter table TABLE2 change NAME2 NAME3 int;

列の削除
alter table TABLE2 drop NAME3;

作成済みデータベースの文字コード変更
alter database DB character set utf8;

制約の追加方法
alter table TABLE1 add unique (NAME);

ちなみに、primaryとuniqueは複数指定すると、複合になるのでuniqueをそれぞれ複数の列の場合、
create table tbl (id int ,nm varchar(5) , unique(id) , unique(nm));
のように指定。

・制約の種類

not null
check
unique key
primary key
foreign key

・select式の評価順

from
on – join
where
group by
having
select
distinct
order by
top(limit)

・文字列型

https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/ja/char.html

char(n)
固定長で、右側にスペースが埋められる。

varchar(n)
可変長、255を超えてnを指定するとプリフィックスが2バイトとなる。プリフィックス格納されたデータに対するストレージとは別。ストレージについてはtextもvarcharも保存した容量のみ。

両方とも、nはバイトではなく文字数。また、MyISAMとInnoDBでの違いがあるので、注意。5.5未満はMyISAM、5.5以降はInnoDB

Apacheの設定、htaccessなど

Basic認証

.htaccessファイルを作成し、以下を記述。

AuthUserFile /home/okamura/.pwd

AuthName “please enter”

AuthType Basic

Require valid-user

.pwdの名称はなんでもいいが指定はフルパスにする。

一般的には.htpasswdとする。

htpasswd -c /home/okamura/.pwd taro

New password:xxx

Re-type new password:xxx

-cオプションがなくhtpasswdコマンドだけだと、追加、変更。-dオプションを付けるとと削除となる。

apache2ctl -M

有効なモジュールを確認できる。

sudo a2enmod rewrite

rewriteを有効化する。

/etc/apache2/apache2.conf

で、該当するDirectoryにAllowOverride allを追加する。

sudo /etc/init.d/apache2 restart

転送

301は恒久的(元のキャッシュが消える)な転送302(元のキャッシュが残る)は一時的な転送。

外部サイトに転送している設定。Rに数字をいれないと302転送。

RewriteEngine On

RewriteRule ^ http://start-affiliate-life.com [R,L]

メインディレクトリをサブに飛ばす設定。

RewriteEngine On

RewriteCond %{REQUEST_URI} !/w

RewriteRule ^(.*)$ /w/ [R,L]

RewriteCond が true の時 RewriteRuleが実行される。

RewriteCond %変数名(テスト文字列) 条件パターン(正規表現) [フラグ]。

PHP関連

変数登録の優先順位

variables_order = “EGPCS”

外部ホストへのアクセス

allow_url_fopen = off

エラーレポート

error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE & E_STRICT

E_NOTICEとE_STRICT以外は全てという意味 ~ は否定の意味

画面へエラーを表示

display_errors = off

エラーのログを出力(Windowsの場合はイベントログにエラーがいくらしい)

log_errors = On

error_log = file name

セーフモード

safe_mode_gid = On

セーフモードはファイルオープンはスクリプトと同じ所有者のファイルのみになる。

重要なのはセーフモードを使うときはスクリプトの所有者を一般ユーザーにしておくこと。

セーフモードはdlや()やshell_execが使えない。

exec,system,passthru,popenはsafe_mode_exec_dirで指定したディレクトリに制限される。

open_base_dir ファイル操作できるフォルダを限定。

disable_functions 使える関数を制限。

 

気づき メモ

主に読書やWebでの気づきをメモ。そのまま受け売りもあるし自分で考えた内容もある。

  • コミュニケーションは2つの様式がある。1プレゼン&レビュー、2信頼構築。
  • コミュニケーションも、マーケティングも相手が知りたいことを必要な順番で提供することが大切。
  • アイデンティティの一部となっていることについて、人は有意義な議論はできない。
  • 腹を割って話せば分かり合えると思っている人は、よほど恵まれた環境で育ったか、支配的な人間。
  • 要点をシンプルにまとめ、数字を使った合理性、それぞれの役割を明確にストーリーで紡ぐ。
  • 仲間以外に示すメリットは明確&簡潔でないと理解されない。
  • 自分の強みを見つける、そしてその強みは上位何パーセントか。
  • 複数の強みを掛算するとさらに上がる。一方はそれほど上位にいなくてもOK。
  • 強みというのはスキルがあるということもそうだし、ある市場に精通しているという点も強みになる。マネージメント層の強みとなるスキルの一つに自分が戦う市場に精通していること。
  • スキルを限定することから発想するのではなく、まず目的がなにかを考える。
  • ことを成すためには今すぐ始めなければならない。後で大丈夫なほど人間には時間がない。
  • 一度きりの人生。後悔はするな。やりたいと思ったら、やってみろ。
  • 今日死ぬかもしれない。その学習・調べる作業は、人生の目的を踏まえているか。
  • 手順の変更は意思の力より優れている。
  • 必要のない目的やスキルを諦めること。損切りラインを決めておく。
  • 日々使うものだけしかスキルにならない。ただ覚えただけでは直ぐに忘れる。
  • ここで辞めようかなと思ったらそこは壁となり、みんなも感じている。乗り越えれば1つの優位性になる。
  • まず、人生の目的を踏まえ、やるかやらないかを判断。
  • やると決めたら、攻略情報を集める(自分のスタイルを作らない)
  • 完璧主義を捨てる。愛着を捨てる。自己表現を捨てる。
  • 達成するために必要な作業だけに注力する。
  • 仮説たてて検証する。成功の理由・失敗の理由を言語化できるように。闇雲な状態では誰でも嫌になってしまう。
  • 気づくと消化しきれないほど情報がたまっている。まずは溜めない。たまってしまったら捨てる。世界中の書籍を全て読むことは不可能だ。
  • どの市場で売るか。市場の規模や構成員や市場の盛衰など把握する。市場の構成員がどの頻度でどの程度のお金を使うか把握する。
  • その強みは価値を生む閾値を超えているか。
  • どのようなメリットがあるか簡単に説明できること。求められない部分での品質にこだわってもしょうがない。目的を達成することがだけがお客の求めること。
  • 人生はあきらめの連続。全てをあきらめることはないが、無謀なことを望まない。あきらめることは資源を集中させること。
  • 好きなことを商売にする。自分は、好きなことしかできない人間なのだ。
  • まずは手作業で実現していることが、自動化できる。自動化できているという状態だけを想像してはいけない。
  • なりたい状態を想像して今を決定しない。どういう動作を将来も今もしていたいかを考える。
  • 戦略自体はコイントスと同じと考える。最小の被害で目的を達成できるのが最良の戦略。
  • いつ撤退するかを決めておく。
  • 保険目的の学習はやめる。保険目的の学習は労働力を搾取される奴隷の発想だ。
  • 何を持ってして判断すればいいのか。答えは、歴史に学び、統計と確率で判断すること。
  • 企画では、明確な目的があって、それを達成することはそれほど難しくないが、改善するというは非常に難しい。
  • インスピレーションも重要だが、実際、訴求する根底にあるのは普遍的な価値。
  • 考えて共通要素に分解していくだけではダメなことも多い、記憶していくことも重要。
  • 考えて共通要素に分解していくだけではダメなことも多い、作品を作っていく上でしか発見できないことは多い。
  • 社内では曖昧に(巻き込んで当事者にしてしまう)社外には明確に。
  • 組織でしかできないこともある。
  • 人生とは壮大な暇つぶしであり、ライフワークは、お金を上手く動かせること。アイデア(効率化、仕組みづくり)で凄いと思わせること。
  • 何も想像どおりにはならない。刹那の連続の中で、進む方向を決めるだけ。
  • 今を努力すること、今の積み重ねでしか結果はでない。
  • 自分ではどうすることもできないことに、自分の感情や生活の基盤をゆだねることは愚かだと思う。
  • 使わない物に執着するな。同じように情報に執着してもしょうがない。
  • モノの処理は時間を優先。迷ったら買う。迷ったら捨てる。
  • 実現力の充実が人生の成功を決定する。
  • いい人を演じても富も権力も手に入らない。
  • 自分の労働力を売っているだけでは一生搾取され続ける。
  • 質より速度。速度は武器になる。時間で迷ったら最短で。
  • 行動力は武器になる。目標を実現させるために今できることは全てやる。
  • 悩む時間を浪費するぐらいなら、悩んだことは実行してみる。
  • 拙速は巧遅に勝る。がいとも簡単に事故はおきる。リスクヘッジも重要。
  • 必要以上の几帳面や丁寧さは、時として時間の浪費となる。
  • 忘れたと感じる知識でも、理解した知識は自分の一部となっている。そこまで学べば十分だ。
  • 長期的な視点と多様性の獲得と失敗の許容。
  • 目標にいたるまでの道のりは可能な限り具体化する。
  • 目的を達成できない場合は、原因を洗い出し、ひとつずつ解決する。
  • 投資的アプローチで収益を制する。戦争的なアプローチ競争を制する。
  • 市場の徹底的な調査をして優位性を発見するリスクを限定を限定する確率的な戦略。
  • 目標の実現は人に動いてもらえるかどうか適切なチームを編成する。
  • 人の評価は自分ではどうすることもできない。
  • プライドは捨てろ。人に嫌われろ。ムカついたり、恥ずかしがる時間はない。
  • 才能が通常値で、平均的な努力をしても、収入だけ異常値にはならない。
  • 必要に迫られたら学ぶ。興味を持ったら学ぶ。そしてそこに少しの向上心。
  • ゼネラリストが強みだけど、将来的に向ってスペシャリストとなれるよう、少しだけ意識する。
  • 何事にもリスクはあるが、リスクをとらなければリターンもない。小さく賭けて素早く修正。
  • 事実があり、真理があり、するべきことがある。あるいは、課題があり、解決策があり、するべきことがある。
  • 最終的なエッジはキーパーソンから。
  • 無能な己の価値観を捨てて過去から学ぶこと。
  • 一瞬を切り取った姿にあこがれてもダメ。存在しているのはプロセスだけ。そのプロセスと同じことを自分ができるか、したいかが大切。
  • 誰かになれるような気がするけど、ほとんど同じような境遇の人がいるのは偶然でコイントスと同じ。
  • 意識的に誰かになるのは死ぬほど大変、ほぼ不可能。つまり、自分のプロセスを少しずつ変化させていくことしかできない。
  • 小さくかける。失敗を予測できる。失敗に学べる。ただし、失敗の許容範囲は決めておく。
  • 自分が確率で選択をするのではなく、競争相手が確率的に考えて不合理な選択をする勝負を見つける。
  • 何か目的があって物事は始めるが、長期的なもの、結果が不確実なものは、そのプロセスを楽しめないと続かない。資格などは長期で結果はある程度確実なので、強い意志があれば可能だろう。
  • 何かを仮定のうえに仮定を築いていく場合、とりあえず一番確率の高い仮定を使う。
  • 人(お客)が欲しがるのは商品ではなく、その効用。
  • カスタマとノンカスタマーしかいない。市場はノンカスタマーのこと。
  • 優秀な組織の多数決が正解とは限らない。組織は官僚的になり、否定的な意見の方が優秀に見える。
  • 自分が世界初なことはありえない。既に正解は存在する。上手くマネすることが重要。
  • 優秀と判断されるかどうか、必要とされるかどうかは組織・上司によって違う。
  • 仕事の能力の判断基準3つ。その人ができると感じる(潜在能力)範囲の差。実際できること(スキル)、できない事。やりたいと思う事の差。
  • 決めることには根拠が必要。根拠が消去法や推測では弱い。
  • マネージメントで一番大切なのは、能力云々より、情報を開示し人に対して当事者意識を持ってもらうことが一番大切。
  • 基本戦略としては、しっぺ返し戦略。最初はよくいく。相手がダメならこちらもダメ。
  • 小さく掛けて、素早く修正するのが大切。何かを選ぶ、間違っていたらそれを直ぐに修正する。
  • 業務を効率化して楽にしようとすると改善点が見えづらい。負荷をかけて楽になりたいと思った時に本当に改善点が見えてくる。
  • 企画の作り方
    重要なのは新しさ(他が思いついていない)ではなく、自分たちの強みであり、他はマネできないこと。徹底的に他がマネできるかどうか考えて見る。
    収益性も考えるべきで、損切額、可能試行回数、勝率、平均損益率が重要。
  • 成功のシンプルな法則
    まず成功したいことは何か?それを達成するために必要だけどやりたくないこは何か?直感でやりたくないなと思うことが一番重要で最初にやるべきこと。当然、やりやすいことはみんなも一番先にやる。
    人より優れた発見ができるわけではないし、いくら考えたって、誰も気がついていないことを見つけられるわけではない。みんなができないことはどうせ自分もできない。
    ただ、みんながやりたくないことをやれば人を抜くことができる可能性がある。
    必要なこと・必要ではないこと・やりたいこと・やりたくないこと、まずこの枠で考えるクセをつける。
  • 人によって見えている次元がまったく違う。どちらが正解ではなく、ボトムアップ・トップダウンそれぞれ向いている場所がある。
  • 広告を増やす、人員を増やすなどの投資は期待する効果との因果関係が複雑なので、必ず効果測定が必要。効果測定をしない投資は無駄になる。仮説を立て効果を事前予測している場合、仮説の検証も必要。効果はあったが、仮説とは違う因果関係の場合もある。
  • やるべきことはいつでも沢山ある。一番重要なことに集中する。
  • 何かを分析するとき、まず仮説を立てて、次に検証。
  • 組織の構成員それぞれは強みを活かす。できないことはさせない。
  • 切ったハンドルを離すと自然と戻るように人はそれぞれあるべき姿がある。自然ではない状態を続けないほうがいい。
  • 情報の伝え方
    縦軸に「面白い 」「つまらない 」をとり、横軸に「共感」「違和感」をとる。
    これから出す情報に対して相手がマトリクスの中のどこにいるか考える。これによって必要な情報量が違う。
  • 意識するのは説得より納得より共感。
  • 意見とは、事実を述べてから、その事実をどういう視点でみるか、それが意見ということ。
  • 情報で強みを作るのは一次情報。それに二次情報を組み合わせで洞察する。
  •  情報を3つに分類する。
    事実、洞察、行動、それを言い方を変えて伝える。やるべきこと、理由、そのやり方。
  • 向きではなく点を意識する。到達点を明確、目的を明確にする。
  • 質問がでるということは懸念材料。逆にどのような懸念材料があるか聞くべき。
  • 商品の市場
    必要とされていない商品はいくら努力しても無駄なことが多い。必要とされる商品へ切り替えることが必要。一時的な成功や、少し上手く行っていると、今はこうだからとか、あと少し努力をすれば何とかなると考えがち(商品自体の評価を避けてしまう)それが正しい場合もあるが、その商品が必要とされていない場合も考える。もともとの市場規模はどのくらいか?市場は衰退しているのか?を考える。
  • 戦略は解決策ではない。戦略を練るプロセスでの知識の共有が重要。
  • 評価指標(特にインセンティブを伴う)を部署ごとに設けると、評価達成のための行動がお互いに矛盾してしまう。大切なのは会社として何を優先し何を妥協するか。
  • 気にかけていることを態度で示す。相手が理解できるように伝える。うまくいかない場合は、臨機応変に素早く対応。
  • 人間を評価する、ランク付けするなんて不可能。
  • 問題点を定義する。仮説を立てる。仮説を検証する。
  • 従業員が働くだけでは儲からない。必要な作戦とは売ることを考えること。戦略とはお金に変える方法。
  • 人には向いている向いていないことがある。向いていることをやる。
  • 客層をよく考える。客層を間違えると自営は地獄。
  • 飛び込み、テレアポは決済者まで届かない。メリットなんて聞きたくないし、セールストークも押しの強さも必要ない。頭を下げても売れない。みんな売り込まれるのは大嫌い。人は必要なら買う。必要なときの選択肢になっているかどうかが大切。
  • 世の中で必要とされているもののほとんどは既に提供されている。
  • 成功者の歴史からは何も学べない。ただ人の心理は昔から変わらないというだけ。
    成功した人と成功できなかった人に明確な能力差があるか?そもそも、人と人を何かしらの能力で比較して優劣は付けられない。大きなリスクを取った結果。成功した人は歴史に残り、失敗した人は歴史から消えた。自分の望む成功に見合ったリスクをとっていくしかない。
  • 勝利は実力か偶然か。コイントスのような人もいるし実力の人もいる。
    現実での勝負の単位は、コイントスのような小さい時間の単位ではなく、世相と感情を上手くマッチさせられるかが勝負。
  • 何回勝利すれば成功と言えるのかは投資対象と目標によって違うが、勝利するほど負けにくくなる。何で勝負するか。不得意分野では努力しても絶対に勝利できない。
  • 努力してもYoutuberにはなれないって直感で分かるーー生来の適正+運+継続・努力が必要って。実際はどの分野でもバランスが違うだけでこの3つが必要なのは同じ。どの分野であっても単純な努力だけで成功することはない。
  • 技術力、アイデアなど断片的に優れていてもダメ。需要に合わせて商品化して、宣伝する。
  • 数値化しづらい感覚的、形容的な判断の場合、理詰めや統計などではなく、自分だったらどうか、ペルソナだったらどうかと想像する。
  • 投資は必ず負債でするものではなく、想定リターンに対して資金が不足する場合は負債が必要。
  • 必ず自分が正しいわけではないので議論で打ち負かす必要はない。ふてくされず機会において自分の信じることを淡々と伝えるのみ。
  • 選択肢に入るためには評価・評判が必要。そこから続くかどうかは実績。
  • 判断が仕事の場合、判断は実力以外に運もあるのでは?と思いがちだが、判断者の経験・実績が環境に対して十分なら偶然以上の確率になる。
  • ゴールは目的・目標・決定事項。間違っていたかどうか、それはゴールが達成できていないということ。つまり最初にゴールが必要。確かなものはゴールと今の自分という2つしかないのだから、今の自分とゴールを比較するしかない。
  • マネージメントで重要なのは現実可能なゴールになるよう交渉し、やるべきことを示すこと。
  • 投資や争い事に情報が重要という話は多い。情報それ自体が利益になったわけではない。なぜ情報が大切なのか。それは正しいゴールを設定できるから。
  • 願望などは確率の問題として捉える。
  • 世の中には多様な意見があることも多い。自分が意見を交わしてでもよりよくしようと思える分野以外の情報は遮断しないと疲弊する。
  • 生産での改善とは、無駄を減らし、最適化し、失敗をなくすこと。
  • 改善と変化が両輪(1を2にするのが改善。1をAにするのが変化)良くも悪くもしないというのはできないので例え効果が小さくても常に良くしていこうとしなければ直ぐにダメになり始める。世界は常に変化している。変化しないということは遅れるということ。
  • 説明できることはマネされる。
  • 恐怖心や不快感に立ち向かうことが一つの優位性になる。恐怖心や不快感はそれ自身が成功に近づいている証でもある。
  • みんなが避けるからこそ、恐怖心には勝利の、不快感には成長の機会が存在している。
  • 人は変化を恐れる。変化すること自体が優位性になる。
  • どのような強みでも、止まっていればマネされる。変化を続けていればマネは難しい。変化のプロセス自体に強みがあればなおのこと。
  • 運を逃さない努力。運をいかす実力。運を待つ忍耐。
  • チームで重要なのは共感力。誰かの成果に共感し誰かを共感させる成果を出す。
  • 事業において重要なのはストーリーと数値。ストーリーが変われば数値が変わる。数値が変わればストーリーが変わる。
  • いくら理論の正当性を伝えても人は納得しない。ストーリーに共感してはじめて人は納得する。
  • ビジネスではライバルに負けない戦略と環境変化に強い体質が重要。
  • いくら過去のデータを分析しても将来は予想できない。いままでの常識から~なんてできるわけない、という思考が実際にできないのかどうかを分析することが重要。将来は予測するのではなく適応する。素早い変化、素早い損切り。
  • 測れないものはマネジメントできない。数値は状況判断の目安と割り切ってしまう。
  • 失敗に着目する。成功するのではなく失敗しない。ただし、失敗しないこと=成功ではない。成功のためには変化が必要。
  • 変化は重要。ただし政治や技術など潮流に乗らなければ滅びるだけ。
  • 人の考えを批判しない。真実は重要ではなく、信じていることが重要。
  • 人の上に立つ場合、全てを任せて、その責任を取る覚悟が必要。

IISの設定

IIS機能の有効化

ファイル名を指定して実行から
optionalfeatures

プログラムと機能>有効化または無効化>インターネットインフォメーションサービス>
World Wide Web サービス
Web 管理ツール>IIS 管理コンソール
をチェックする。追加で、
World Wide Web サービス>アプリケーション開発機能>ASP.NET4.7
をチェック。(自動で必要な項目はチェックされる)

PHPを利用する場合

FastCGIを有効

プログラムと機能>有効化または無効化>インターネットインフォメーションサービス>
World Wide Web サービス>アプリケーション開発機能>CGI

をチェックする。

php.iniにてCGI/FastCGIの設定を以下のように

fastcgi.impersonate = 1
fastcgi.logging = 0
cgi.fix_pathinfo=1
cgi.force_redirect = 0

IISマネージャにてハンドラマッピング作成

ファイル名を指定して実行から
inetmgr

ハンドラーマッピング>モジュールマップの追加を選択
要求パス: *.php
モジュール: FastCgiModule
実行可能ファイル: phpのパス(php-cgi.exe)
名前: PHP_via_FastCGI

として、要求の制限をクリックし、ファイルまたはフォルダーを選択する。