Windows NIC関連

基本的に変更しなくても大丈夫だけど接続が不安定なときに一応確認。

イーサネットプロパティ

ncpa.cpl>右クリック>プロパティ
①Microsoft ネットワーク用クライアント
②Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンター共有
③インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)
のみ残せばOK。

①②については、ファイルを共有(公開)する側で②だけチェックしてあれば、
あとは、利用する側も含めチェックがなくても問題ない。

VPNの優先度

ncpa.cpl>右クリック>プロパティ>インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)の右クリック>プロパティ>詳細設定
メトリック値を1000など大きな値にする。

Met値確認
netsh interface ipv4 show interface

WatchGuard VPN Client > OpenVPN GUI

リセット

・DNSとNetBiosのキャッシュクリア
ipconfig /flushdns
nbtstat -R

ちなみにnbtstatでIP/ホスト名を調べる場合
nbtstat -R
nbtstat -a Host名 / nbtstat -A IPアドレス
nbtstat -c

・DHCP再取得
ipconfig /release
ipconfig /renew

SNP設定

・RWIN値設定(受信ウィンドウ自動チューニングレベル)
netsh interface tcp show global(確認用)
netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

・Nic初期化
netsh interface ip reset c:\aaa.log

・Socket初期化
netsh winsock reset

・SNP停止
netsh interface tcp show global (確認用)
netsh int tcp set global rss=disabled
netsh int tcp set global chimny=disabled
netsh int tcp set global netdma=disabled

RSS(Receive Side Scaling), TCP Chimney Offload, NetDMAの3つでSNPといい、ネットワーク負荷を分散させる技術。Win10の場合RSSのみ既定値で有効になっている。

DNS設定

優先DNSサーバ:8.8.8.8
代替DNSサーバ:8.8.4.4

NIC詳細設定(オフロード系)

オフロードは有効にするとNICで処理し、無効にするとCPUで処理)

・IPv4チェックサムオフロード:無効
パケットがビット化け等によって破壊されているか検査する。

・ARPオフロード:無効
ネットワークアダプターがコンピュータのスリープ状態を解除せずに
IPv4 ARP 要求に応答する機能

・NSオフロード:無効
ネットワークアダプターがコンピュータのスリープ状態を解除せずに
近隣アドバタイズによって近隣探索近隣要請要求に応答する機能です。

・TCP/UDPチェックサムオフロード:無効
ネットワークアダプターが送信及び受信時にチェックサムを計算する機能

・一括送信オフロード:無効
NICが送信するデータを分割処理をする。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/networking/technologies/network-subsystem/net-sub-choose-nic#bkmk_offload

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/networking/technologies/network-subsystem/net-sub-choose-nic#bkmk_offload

NIC詳細設定(WakeOnLAN系)

・PMEをオンにする(Power Manegement Event):無効

・Wake on Link / Wake On Magic Packet / Wake on Pattern Match:無効

・WOLとシャットダウンリンク:速度低下ではない
Wake On LANの待機状態でリンク速度を落とす

・ウェイク・オン・パターンマッチ:無効

NIC詳細設定(RSS系)

・RSSキューの最大値:2キュー
受信したデータ処理を他のCPUに何回まで回せるか

・RSS ロード・バランシング・プロファイル:NUMA スケーリング
>Closest/最も近いプロセッサー
>ClosestStatic/最も近いプロセッサー・スタティック
>NUMAStatic/NUMAスケーリング・スタティック
>Conservative/コンサーバティブスケーリング

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/6/html/performance_tuning_guide/network-rss

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/networking/technologies/network-subsystem/net-sub-choose-nic#bkmk_rss

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/networking/technologies/network-subsystem/net-sub-choose-nic#bkmk_offload

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/network/introduction-to-receive-side-scaling

https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-hardware/drivers/network/standardized-inf-keywords-for-rss

NIC詳細設定(省エネ系)

・超低消費電力:無効
・グリーンイーサネット:無効
・省電力型イーサネット:無効
(Energy Efficient Ethernet)

・802.3az:無効
有線LANの省エネ機能

NIC詳細設定(その他)

・PTP Hardware Timestamp:無効
ネットワーク内のデバイスの時刻を高精度で同期する

・自動無効ギガビット:無効

・リンクステート イベントのログ:無効
ログを確認する必要が無ければオフ

・受信側スケーリング:無効
複数のCPUコアに処理を分散させる機能。
分散させると効率が下がる。CPUに余裕があるならば無効。

・割り込み加減:無効
CPUの負荷を下げる機能。CPUに余裕があるならば無効。

・受信バッファ/送信バッファ:2048/2048
バッファ領域。メモリに余裕がある場合は大きくすると良い

・パケット優先度とVLAN(Packet Priority & VLAN):VLAN無効
タグつきフレーム(802.1p/802.1Q)の送受信を有効にするかどうか

・フロー制御/FlowControl:有効
通信相手と速度を合わせる、受信側が遅い場合は高速で送ろうとしないようにする※Rx=受信パケット, Tx=伝送パケット

・速度とデュプレックス/スピードと二重化(Speed&Duplex)
自動ネゴシエーション → 1.0 Gbps フルデュプレックス
自動ネゴシエーションだと稀に遅い速度で接続することがある

・ジャンボフレーム/ジャンボパケット:無効
一度の通信で送受信する最大サイズ

MTU設定

現在のMTU値を確認
netsh interface ipv4 show interfaces

設定する値は通常、1454だが、
https://www.speedguide.net/analyzer.php
でも確認できる。

MTUを設定(xxxの部分はIdx)
netsh interface ipv4 set interface xxx mtu=1454

サブネットマスク

IPアドレスはネットワーク/ホストとなり、
0→255になるにつれてネットワーク側の範囲(ビット)が広がるような考え方。

(ここではホスト側の8ビットだけ考える)
IPアドレスとサブネットマスクを2進数(128/64/32/16/8/4/2/1)にして両方1の部分がホストアドレスになる。

192.168.1.1 (255.255.255.0)
の場合、
192.168.1.1-254(使用可能範囲)
192.168.1.0(ネットワークアドレス)
192.168.1.255(ブロードキャストアドレス)

・サブネットマスクが255以外の場合

IPアドレス
192.168.1.192(192=1100 0000)

マスク
①255.255.255.128(128=1000 0000)
②255.255.255.192(192=1100 0000)


192.168.1.192(255.255.255.128)
192.168.1.129-254 (128)
192.168.1.128(N)
192.168.1.255(B)


192.168.1.192(255.255.255.192)
192.168.1.193-254 (64)
192.168.1.192(N)
192.168.1.255(B)

CIDR(プレフィックス表記)

IPアドレスは32bitで8ビットずつ4組を10進法で表示している。
(192.168.1.1 = 8bit.8bit.8bit.8bit)

CIDR表記はスラッシュ後にネットワーク部のビット数を書く。

0=ホスト.ホスト.ホスト.ホスト
8=ネット.ホスト.ホスト.ホスト
16=ネット.ネット.ホスト.ホスト
24=ネット.ネット.ネット.ホスト
32=ネット.ネット.ネット.ネット

LLTDプロトコル

ncpa.cpl>プロパティ
Link-Layer Topology Discovery xxxx

過去にネットワークマップを作るため使っていたプロトコル。また、LLDPも同じように探索に使われるプロトコル。両方とも無効で問題なし。

ルートテーブル

・確認

route print

1 ネットワーク宛先
2 ネットマスク
3 ゲートウェイ
4 インターフェース
5 メトリック

1と2でネットワークを判断する。
そのネットワーク宛先の場合、
どのゲートウェイ(ネクストホップ)を使うかは3
どのインターフェースを使うかは4(NICのIPアドレス)

・その他の表示

リンク上はルータを介さない接続のこと。
ネットワーク宛先、ネットマスクが0.0.0.0のものがデフォルトルート。

・リセット

route -f

ncpa.cpl>イーサネット右クリック>プロパティ>インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)>プロパティ
デフォルトゲートウェイが空白になっているので再設定すれば繋がる。VPN系は再起動すれば繋がる。

・ルートテーブル追加

route print
からインターフェース番号を確認。
(インターフェース一覧の左側の数字がインターフェース番号)

route -p add [宛先IPアドレス] mask [ネットマスク] [サーバーIPアドレス] metric [メトリック値] if [インターフェース番号]
(pオプションは再起動後も有効)