SoftEther Ubuntu/Win インストール

Windows(サーバー)

公式サイトのSoftEther VPNのダウンロードから、
・ダウンロードするソフトウェア:SoftEther VPN(Freeware)
・コンポーネントを選択:SoftEther VPN Server
・プラットフォームを選択:Windows
・CPUを選択:Intel(x86 and x64)
・SoftEther VPN Server and VPN Bridge (Ver xxx, Build xxx, rtm)
をダウンロード、インストール。

・最初の選択画面でSoftEther VPN Serverを選択。
(管理ツールも一緒インストールされる)

・管理者パスワードを設定する。
(ユーザーのパスワードとは別なので注意)

・リモートアクセス VPN サーバーを選択する。

・仮想HUB名を設定する。(VPNから特に変更の必要なし)

・ユーザーを作成する。

途中からダイナミックDNSを有効にする場合、
サーバー管理マネージャ>接続>Config編集>
DDnsClient>bool Disabled
をfalseにする。

Windows(クライアント)

公式サイトのSoftEther VPNのダウンロードから、
・ダウンロードするソフトウェア:SoftEther VPN(Freeware)
・コンポーネントを選択:SoftEther VPN Client
・プラットフォームを選択:Windows
・CPUを選択:Intel(x86 and x64)
・SoftEther VPN Client (Ver xxx, Build xxx, rtm)
をダウンロード、インストール。

・最初の選択画面でSoftEther VPN Clientを選択。
(管理ツールも一緒インストールされる)

1.新しい接続設定の作成
を実行し仮想LANカードを作成する。

2.仮想LANカードにIPを設定する。
現在利用しているのとは別ネットワークで、設定はIPアドレスとサブネットマスクだけでOK。例えば現在のネットワークが192.168.1.xだったら、仮想LANカードには192.168.2.xというように。

3.新しい接続設定の作成
を実行する。

・接続設定名:
適当に入力する。

ホスト名:
サーバーがあるLANのグローバルIP/サーバーのローカルIPというように記入する。

・ポート、ユーザー名、パスワード:
サーバーで設定した値を入力する。

・高度な通信設定:
コネクションを8本に変更する。
半二重モードを使用するにチェックする。
VPN Serverとの間の通信をSSLで暗号化するにチェックする。
再接続間隔:60秒

・サーバー証明書を必ず検証する:
をチェックする。

初回のみ、
固有証明書の登録をクリック>ファイルから証明書を読み込む
にて登録。

証明書の書き出しは
サーバー管理マネージャ>接続>暗号化と通信関係の設定>エクスポート
PKCS#12にてエクスポート。

作成した接続設定の右クリックから、スタートアップ接続を指定する。

Ubuntu(サーバー)

ここではUbuntuにSambaを入れ共有フォルダにWindowsのクライアントからアクセスしてみる。

CPUを調べる
cat /proc/cpuinfo

bitを調べる
uname -a

ダウロード
wget https://jp.softether-download.com/files/softether/v4.34-9745-rtm-2020.04.05-tree/Linux/SoftEther_VPN_Server/64bit_-_Intel_x64_or_AMD64/softether-vpnserver-v4.34-9745-rtm-2020.04.05-linux-x64-64bit.tar.gz

インストール
tar -zxvf softether-vpnserver-v …
cd vpnserver
make

エラーがでる場合、
sudo apt-get update
sudo apt-get install make
sudo apt-get install gcc
sudo apt-get install binutils
とするか、
sudo apt-get install build-essential
(yum groupinstall “Development Tools”)

あたりを実行。

パーミション

インストールフォルダにて
chmod 600 *

chmod 700 vpncmd
chmod 700 vpnserver

・サービス登録

インストールフォルダに
startup.sh
を作成し以下を書き込み。

vim /etc/systemd/system/vpnserver.service
以下、書き込み。

起動
sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl start vpnserver

終了
sudo systemctl stop vpnserver

自動起動する場合
sudo systemctl enable vpnserver

管理者パスワード設定
インストールフォルダにて
./vpncmd
Select 1, 2 or 3: 1
Hostname of IP Address of Destination: localhost
Specify Virtual Hub Name: 空白
VPN Server>ServerPasswordSet
とりあえず123123abcのような簡単なパスワードにしておく。
VPN Server>exit

ポート開放
sudo ufw allow 5555/tcp
(firewall-cmd –add-port=5555/tcp –zone=public –permanent)

・Windowsのサーバー管理マネージャで作業。

起動画面にて、新しい接続設定を実行
・接続設定名:ConoHa(CentOS)
・ホスト名:IPアドレス
・ポート番号:5555
・管理パスワード:123123abc

接続すると初回接続時のみ簡易セットアップダイアログが開く。

・リモートアクセスVPNサーバー
をチェックし次へ

・仮想HUB名:VPN(そのまま)
と入力しOK。

・ダイナミックDNS機能
はそのまま変更なし。

・IPsec/L2TP/EtherIP/L2TPv3サーバー機能の設定
はチェック無し(そのまま)でOK。

・VPN Azureクラウド
VPN Azureを無効にする
をチェックしOK。

1.ユーザーを作成する
をクリックし、ユーザー名とパスワードを入力してOK。
3.ローカルブリッジの設定
ではブリッジの設定しない。
閉じる。

簡易セットアップダイアログここまで。
ここからサーバー管理マネージャの通常画面で作業。

・リスナーポートを5555以外削除

・暗号化と通信関係の設定>管理者パスワードの変更

・ローカルブリッジ設定

仮想HUBでVPNを選択する。
新しいtapデバイスとのブリッジ接続をチェックし、
vpnserver
と入力しローカルブリッジを追加を実行。

Windowsのクライアント接続マネージャで作業。

・新規仮想LANカードの作成

を実行。名前はそのままでOK。

Microsoft ネットワーク用クライアント
Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンター共有
インターネットプロトコル4(TCP/IPv4)
のみ残し、IPアドレスを
192.168.13.2 / 255.255.255.0
としておく。

・接続設定の新規作成

接続名:ConoHa(CentOS)
ホスト名:IPアドレス
ポート番号:5555
仮想HUB名:VPN
使用するLANカード:作成したLANカード
ユーザー認証:サーバー管理マネージャで作成した値

その他の部分は、上記のWindows(クライアント)の部分を参考。

sambaのインストール

Sambaのインストール

ポート開放
sudo ufw allow from 192.168.12.2 to any app samba

これで、VPS上のsambaのフォルダにアクセスできる。