WordPress カスタマイズ

ウィジットの最新の投稿を更新順に変更

wp-includes/widgets/class-wp-widget-recent-posts.php
の中にある
$r = new WP_Query()
の中に条件の連想配列があるので、以下を追加する。
‘orderby’=>’modified’

これで更新順になる。
Wordpressのバージョンアップ時に消えるときがある。

更新日を表示

wp-includes/widgets/class-wp-widget-recent-posts.php
の中で以下のように変更

ナビメニュー非表示

wp-content/themes/twentytwelve/header.php
の中にある
wp_nav_menu()
をコメントアウト

トップページから特定カテゴリ非表示

functions.phpに以下を追加。

favicon設定

header.phpとwp-login.php
のheadタグの中に以下を追加

ダッシュボード>外観>カスタマイズ>サイト基本情報>サイトアイコン
からも変更することができる。

Google検索ボックス追加

ウィジェットでテキストを追加する。

 

このGoogle検索でブログを指定するという方法は、別に作成したChrome拡張でも実行できるので、ほぼこちらを利用している。

タイトル表示(投稿)を消す

wp-content/themes/xxx/index.php
の中で以下のようにコメントアウトする。

ログイン状態でリダイレクト

自作タグクラウド

ウィジットにショートコードを入れれば表示される。

特定のページにJavaScriptを挿入

ここでは下記に挿入しているコード。

タグクラウドを投稿数順に変更

タグクラウドにCSSを適用

タグ一覧で本文非表示

方法①

タグをクリックしたときに表示されるページから本文をなくす。テーマによってはタグテンプレートを利用しているかもしれない。

ここではtwentyseventeenを利用し、
wp-content/themes/twentyseventeen/template-parts/post/content.php
をカスタマイズする。

the_content()の部分を以下のようにis_tag()で囲む。

方法②

あるいは以下のような方法。記事の表示数も変更したい場合など、the_contentを差し替えてしまう。

方法③

全て自作したい場合、
wp-content/themes/twentyseventeen
の中に、
tag.php
を作成し以下のように記入。

パーミション変更

wp-config.php:600(rw/-/-)
その他、
ディレクトリ:705(rwx/-/rx)
ファイル:604(rw/-/r)

※themes、uploadsは707(rwx/-/rwx)
の場合もある。

一括変更
find . -type d -print | xargs chmod 705
find . -type f -print | xargs chmod 604

IPアドレスでログインを弾く

wp-login.phpのある階層の.htaccessに以下を追記

wp-adminの直下にある.htaccessにも以下を追記。

REST APIを無効化

パーマリンクが標準だと動かないが、塞がれているわけではないので注意。

http://okamurax.com/wp-json/wp/v2/posts
http://okamurax.com/?rest_route=/wp/v2/posts