投稿者「okamura」のアーカイブ

golang テストで小さいプログラム

golangはじめて間もないので調べつつ色々試験中

標準入力から日付判断

SQLite接続

サーバー

SSH接続

他言語で言うクラス

json読み込み

時間

golang インストールメモ

最近golangをはじめたので。

WSLインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install golang

バージョン確認
go version

> 1.6.2

環境確認
go env

.bashrcに追加
export GOPATH=”$HOME/go”
export PATH=”$GOPATH/bin:$PATH”

Db(SQLite)を使ってみる

go get github.com/mattn/go-sqlite3

package context: unrecognized import path “context”
というエラーがでる。

1.7ではcontextパッケージとして標準パッケージに仲間入りする。
とのことなのでアップデート

sudo apt-get install golang-1.9
sudo mv /usr/bin/go /usr/bin/go.old
sudo mv /usr/bin/gofmt /usr/bin/gofmt.old
sudo ln -s /usr/lib/go-1.9/bin/go /usr/bin/go
sudo ln -s /usr/lib/go-1.9/bin/gofmt /usr/bin/gofmt

これで入った。

Windows用にクロスコンパイル

WSLからだと通常こうなっているので、
GOOS=linux
以下の用にしてビルド
GOOS=windows go build hello.go

VBS 起動にちょっとアラート

普通Gカレンダとか使うんだけど。

VBA シート間のコピー

シート間のコピー

C# Xamarin サンプル色々

Xamarinを少し触り始めたので。サンプル色々。

ボタンでアラート

ピッカー(選択リスト)

タイマーとプログレスバー

サーチバー(インプットボックス)

リストビュー

C# 定期的にコマンド実行

定期的にtracertを実行したかったので。

C# TCPを使ったサンプル

C# UDPを使ったメッセージ交換

UDPを使ったテストプログラム。

C# PC情報取得

PC名、ユーザー名、インストール済みアプリ、ネットワーク情報を取得

WSLと.NET Coreの環境

WSLのインストール

optionalfeaturesにて、Windows Subsystem for Linuxを有効化。

設定>更新とセキュリティ>開発者向けにて、開発モードを選択。

Microsoft Storeアプリでディストリビューションをインストール。

最初の起動でユーザー名とパスワードを決める。

sudo apt-get update
sudo apt-get install gcc

起動用ショートカット
SET HOME=%~dp0
bash.exe

WSLに.NET Coreをインストール

https://www.microsoft.com/net/learn/get-started/linux/ubuntu16-04
を参考にする。

wget https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/packages-microsoft-prod.deb

sudo dpkg -i packages-microsoft-prod.deb

インストール有無の確認
sudo apt-cache policy apt-transport-https
必要なら、
sudo apt-get install apt-transport-https

sudo apt-get install dotnet-sdk-2.1

通常の使い方

アプリ作成
dotnet new console -o myapp

実行
dotnet run
(myappの中で実行)

Visual Studioでプロジェクト作成

Visual Studioから、
ASP.NET Core Webのプロジェクトを作成する。

プロジェクトの右クリックから発行をして、WSL側のフォルダに保存。

転送フォルダにて、
dotnet WebApplication1.dll
を実行

an assembly specified in the application dependencies manifest…
とエラーがでた。

プロジェクトの右クリックから、
csprojを編集する。

以下の部分のVersionをubuntu側に合わせる。
<PackageReference Include=”Microsoft.AspNetCore.All” Version=”2.1.2″ />

dotnet –info
でバージョン確認できる。

.NET Core runtimes installed
の部分のバージョンを見る。

dotnet WebApplication1.dll
で実行。

自動起動

WSLなので.profileに入れてプロセスと同時に立ち上げる。

/usr/bin/dotnet /mnt/g/Dropbox/Workspace/Bash/html/WebApplication1.dll > /dev/null 2>&1 &