Windows 端末的利用

人に操作してもらう端末として利用する場合。

リモート設定①

sysdm.cpl>リモート
を有効にする。あるいは、
ms-settings:remotedesktop

リモート設定②

既にアカウントが存在するなど、リモート設定されていない場合。

管理者権限で自動実行する場合、
上記バッチを例えばUserAdd.batとして保存し、同じ場所で、
schtasks /create /ru administrators /tn “UserAdd” /tr “%~dp0UserAdd.bat” /sc onlogon /rl highest
を実行すれば、登録される。
(同じ場所にあるUserAdd.batを管理者権限でスタートアップで実行する)

Windows タスクスケジューラ

Windows Update停止

以前はWindowsUpdateを停止したりしていたけど、無理やり停止すると面倒なので今はだいたいそのまま。

gpedit.msc>ローカルコンピューターポリシー>コンピューターの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows Update
・自動更新を構成する>有効
・自動ダウンロードしインストールを通知
に変更。

gpedit.msc …  Windows Update>エンドユーザーエクスペリエンスの管理
の場合もある。

電源

powercfg.cpl>プラン設定の変更>詳細な電源設定の変更
スリープ類の停止。

powercfg.cpl>電源ボタンを押したときの動作
ディスプレイの電源を切るに変更

休止状態も無効
powercfg /h off

タスクスケジューラ

アプリの更新チェック類の停止。

通知停止

Win10設定>システム>通知と操作>通知
から全て無効。

UAC停止

Win+SからUACと検索して無効。

パスワード無しサインイン

最初にPINを削除

Win10設定>アカウント>サインインオプション
~WindowsHello サインインのみ許可する
オフにする。
WindowsHello 暗証番号(PIN)
削除する。

netplwiz
ユーザーが … パスワードの入力が必要

オフにする。
自動サインイン用の情報を入力してOKをクリック。

Microsoftアカウントの情報を更新すると、自動サインインできなくなるので、チェックボックスをオンオフする。

VPN

必要ならSoftEther等。

NICの操作などで切断の恐れがあるとき。

shutdown /r /f /t 600
を実行しておいて、処理が終了したら、
shutdown /a
などで停止する。

リモートデスクトップ

(些細なことだけど)リモートからリモートすると、上に表示されるメニューが重なってしまうのだけど、横にドラッグすれば見えるようになる。

・ショートカット

mstsc -v:xxxショートカットや、rdpファイルの接続情報がおかしくなった場合、
control>資格情報マネージャ>Windows資格情報
TERMSRV~から修正するか。
mstsc
から修正する。(-v:~を付けずに実行)

・Ctrl + Alt + Delete
Ctrl + Alt + Endで送信できる

・パスワード空白許可

secpol.msc>ローカルポリシー>セキュリティオプション
アカウント:ローカルアカウントの空のパスワード…
を開き、無効にする。

RDPファルイル作成

mstsc>オプションの表示>名前を付けて保存
保存したファイルを開いて編集し、保存をクリック。

Guestアカウント

基本有効化するべきではない。

net user guest
で確認、
net user guest /active:yes
にて設定できる。

その他にも、
lusrmgr.msc>ユーザー>Guest
または、
compmgmt.msc>ユーザー>Guest
または、
secpol.msc>セキュリティの設定>ローカルポリシー>セキュリティオプション>
アカウント:ゲストアカウントの状態
などから設定する。

その他にも、
secpol.msc>セキュリティの設定>ローカルポリシー>セキュリティオプション
>アカウント:ローカルアカウントの空のパスワードの使用をコンソール ログオンのみに規制する
または、
gpedit.msc>コンピュータの構成>Windowsの設定>管理用テンプレート>ネットワーク>Lanmanワークステーション>安全でないゲストログオンを有効にする
などを設定する。

共有フォルダの設定

(前述のバッチ実行済みとして)アクセスの組み合わせ。

Guestアカウント:有効化
共有の詳細設定>パスワード保護共有:無効化
フォルダ共有:Everyone/Guest
フォルダセキュリティ:Everyone/Guest
共有にアクセスするユーザー:Guest

※Guestアカウントでのアクセスは、そもそもパスワード保護共有を無効化しないとアクセスできない。(パスワード保護共有は自動で有効になるときがある)

Guestアカウント:関係無し
共有の詳細設定>パスワード保護共有:有効化
フォルダ共有:Everyone
フォルダセキュリティ:Everyone
共有にアクセスするユーザー:TempUserアクセス(ログイン可能ユーザー)

※パスワード保護共有を有効化した場合、ログイン可能ユーザーのいずれかでしかアクセスできない。さらに特定のユーザーのみのアクセスにしたい場合はEveryoneの部分を特定のユーザーに変更する。

認証情報クリア

共有フォルダへのパスワードのキャッシュをクリアする方法。

さらに、登録済みの資格情報も削除しておく。

ちなみに、手動で登録する場合、
cmdkey /add 192.168.11.106 /user:TempUser /pass:1234