Windows 不具合関連

だいたいWin7かWin10で調子が悪くなったときにやること。不具合対策と動作を軽くする内容が混ざっていて、あまり意味がないのも書いてあるので注意。

・リモートなどでセーフモード再起動する場合
shutdown /r /t 0
r:再起動、s:シャットダウン

・UEFI設定/BIOS起動

スタートメニュー>設定>更新とセキュリティ>回復>今すぐ再起動>トラブルシューティング>詳細オプション>UEFIファームウェアの設定>再起動

・エラーがでていないか全て目を通す。
eventvwr

・管理イベントにトランザクション関連のエラーが出ている場合。

$TxfLogはトランザクションリソースマネージャーで管理されたトランザクションログ。

$TxfLogのリセット
fsutil resource setautoreset true c:\

・デフラグ、エラーチェック。
ドライブ右クリック>ツール>エラーチェック
ドライブ右クリック>ツール>最適化
ドライブ右クリック>全般>ディスクのクリーンアップ

Win標準のデフラグツール+Win10ならSSDもOK。
不要ならデフラグのスケジュールを止める。

・エラーチェック

cmdから
(Win7まで)chkdsk /f
のみ

(Win10)chkdsk /scan
を実行しオフラインを要求されたら
chkdsk /spotfix
それでもだめなら
chkdsk /f
を実行する。

・contig
contig -s c:\*.dll
contig -s c:\*.exe

・ファイルシステム
sfc /scannow (不整合)
(Win10のみ)dism /online /cleanup-image /restorehealth (破損)

sfcのログ
findstr /c:”[SR]” %windir%\Logs\CBS\CBS.log > “%userprofile%\Desktop\1.txt”

・休止状態を使わないなら
powercfg.exe /hibernate off

powercfg.exe /aで確認できる。電源落ちたらoff > ofする

・とりあえず標準のトラブルシューティングで確認するのもあり

コントロールパネル>トラブルシューティング>すべてのカテゴリ
詳細をクリックすると自動修復のチェックを外せる。

ハードウェアとデバイス、ネットワークアダプター等意外と問題が見つかることも多い。

・更新プログラムの確認

(win7)wuapp>更新履歴の表示
(win10)設定>更新とセキュリティ>更新の履歴を表示する

・スタートアップ止める
msconfig
shell:startup
shell:common startup
またはccleaner等
(Win10)設定>プライバシ>バックグランドアプリ

・サービスを停止。
msconfigや、services.mscから手動でも停止可能。

使わないならWidowsSearch等。無闇に止めると動かない機能もあるので注意。

cmd>
sc config “SysMain” start= disabled
sc config “WSearch” start= disabled
sc config “AxInstSV” start= disabled
sc config “CertPropSvc” start= disabled
sc config “MapsBroker” start= disabled
sc config “lfsvc” start= disabled
sc config “NcbService” start= disabled
sc config “SensorDataService” start= disabled
sc config “SensrSvc” start= disabled
sc config “SensorService” start= disabled
sc config “ShellHWDetection” start= disabled
sc config “ScDeviceEnum” start= disabled
sc config “SCPolicySvc” start= disabled
sc config “WalletService” start= disabled
sc config “wisvc” start= disabled
sc config “icssvc” start= disabled
sc config “WbioSrvc” start= disabled
sc config “XblAuthManager” start= disabled
sc config “XblGameSave” start= disabled

・ツールで一時ファイル消す
ccleaner等

・taskschd.msc

適当に様子みつつ停止する。

WinSAT(システム評価ツール)
ConfigNotification(Windowsバックアップ構成)
Microsoft Compatibility Appraiser(情報収集)
RacTask(信頼性モニタ)
以下カスタマー エクスペリエンス系
ProgramDataUpdater
AitAgent
Proxy
Consolidator
KernelCeipTask
UsbCeip

・IE
設定をリセットする。
履歴を削除する。
終了時に履歴を消す。

・sysdm.cpl > 詳細設定 > パフォーマンスオプション
視覚効果はパフォーマンスを優先し最低限のみ残す
詳細設定>仮想メモリをシステム管理サイズへ。メモリが十分な場合、ページングファイルなし

・optionalfeatures

不要な機能を止める。

・(Win7)control>Windows Defender
自動スキャンとリアルタイムを止める。

・control>インデックスオプション
再構築。一時停止。

・(Win7)control>アクションセンター
・(Win10)control>セキュリティとメンテナンス

不要なら通知やメンテナンスを止める。
感覚的にはデフラグで快適になることも多い。

・control>トラブルシューティング>設定の変更
一つ上と同じ設定を開く。

***

リモート、共有

・リモートデスクトップのショートカット

mstsc -v:xxxショートカットや、mstscからrdpファイルに保存していた場合の接続情報がおかしくなった場合、
control>資格情報マネージャ
からも修正できるが、
mstsc>ダイアログ>編集を実行しても修正できる。

・資格情報を保存していない場合のキャッシュ削除

一覧
net use

削除
net use * /d

・共有フォルダのIDとパスワードを確認しない

control>ネットワークと共有センター>共有の詳細設定の変更>すべてのネットワーク
パスワード保護共有を無効にする

フォルダ右クリック>プロパティ>セキュリティ
Everyoneをフルコントロールで追加

フォルダ右クリック>プロパティ>共有
Everyoneをフルコントロールで追加

ゲストユーザーの許可
net user guest /active:yes

資格情報の登録
cmdkey /add 192.168.4.160 /user:guest

・リモートデスクトップのパスワード空白許可

secpol.msc>ローカルポリシー>セキュリティオプション
アカウント:ローカルアカウントの空のパスワード…
を開き、無効にする。

・ネットワークプロファイル変更方法

Win10設定>ネットワークとインターネット>状態>接続プロパティの変更
必要なら、プライベートに。

・特定のユーザーで共有する場合

フォルダ右クリック>プロパティ>セキュリティ>編集
からユーザーを追加し、そのユーザーで共有を設定する。フォルダにアクセスするときにはそのユーザーでの認証が必要になる。

忘れやすい部分として、一度資格情報に登録されれば、そのユーザーの認証が不要になること、また、共有フォルダとアクセスする側のユーザーが同じ場合も認証がいらないこと。

・Everyoneで共有する場合

通常作成したフォルダにはEveryoneがいないので、
フォルダ右クリック>プロパティ>セキュリティ>編集
からEveryoneを追加し、共有設定をする。

・共有が切れる場合

ncpa.cpl>右クリックプロパティ>構成>電源の管理
電力の節約のため … のチェック外す。

・ネットワーク探索が有効にできない/ネットワークに表示されない

services.msc
から、
Function Discovery Resource Publication
Function Discovery Provider Host
Network Connections
UPnP Device Host
Peer Name Resolution Protocol
Peer Networking Grouping
Peer Networking Identity Manager
SSDP Discovery
DNS Client
あたりを様子を見ながら有効化

control>ネットワークと共有センター>共有の詳細設定>プライベート>ネットワーク探索>ネットワーク探索
を有効にする。必要ならその他の項目も変更。

NetBIOSで認識する古いNAS等は
optionalfeatures
から、SMB1.0が有効かどうか確認。ちなみに、昔はNetBIOSのみだったが、現在はWSD、SSDP、UPnPなど複数存在する。

firewall.cpl>詳細設定>Windows Defender ファイアーウォールを介したアプリまたは機能を許可

Netlogon サービスをチェック、ファイルの共有などチェック。

ncpa.cpl>プロパティ
に表示される、Link-Layer Topology Discovery xxxxもLLTDで過去にネットワークマップを作るため使っていたプロトコル。また、LLDPも同じように探索に使われるプロトコル。両方とも無効で問題なし。

nbtstat -A <IPアドレス>
にて表示されないPC対象に実行するとすぐに表示される場合もある。

このとき..__MSBROWSE__.と表示されるPCはマスターブラウザといってネットワークに表示される情報を管理しているPCであり、net viewで一覧を取得するときにも利用されている。マスターブラウザはサービスのComputer Browserで有効化できる。

***

・タスクトレイを再構築
HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LocalSettings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TrayNotify
IconStreams、PastIconsStreamの2つのキーを削除してexplorer.exe を再起動。

・WindowsUpdate、SoftwareDistribution関連

%SystemRoot%\SoftwareDistribution
フォルダをセキュリティソフトの監視対象から外す

アップデートで上手くいかない場合は、wuauserv等を止めてSoftwareDistributionをクリアする。

・アイコンキャッシュ
del /a C:\Users\s.okamura\AppData\Local\IconCache.db
一度消して再起動する。

・フォントキャッシュ
C:\Windows\System32\FNTCACHE.DAT
削除する

・powercfg.cpl
プロセッサの状態を上げる。

・Excel
バックグラウンドのエラーチェック、オートコレクトを止める。
不要アドイン解除

シート自体が遅いとき、
見えないオブジェクト削除
編集>ジャンプ>セル選択>オブジェクト

未使用の行を削除。
スクロールバーを見て判断
Ctrl+Endで判断

・control>デバイスとプリンター
不要デバイス削除

・ドライバー更新
上記やってもダメな場合、ディスプレイとネットワーク関連を先ず最新にする。

・Flashが問題のとき
これも意外と多い。もう必要性も少ないのでFlashに関連するものは全て捨てる。

・レンダリングが問題のとき
数台FujitsuのPCで異常に重くなったことがあって、ドライバー類を最新にしてもダメで、ソフト側のレンダリングを止めることで改善した。

Acrobat Reader
>編集>環境設定>3Dとマルチメディア>レンダラーオプション>優先的に利用するレンダラー>ソフトウェア
に変更する。
>従来のビデオカードでハードウェアレンダリングを有効にする
チェックを外す。

PDF-XChange Viewer等に変更してしまうのも手。

Internet Explorer
>ツール>インターネットオプション>詳細設定>GPUレンダリングではなくソフトウェアレンダリングを使用する。

Chromeにもある。

Excel
>ファイル>オプション>詳細設定>ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする
チェックする。

・NET Core SDK アンインストール
https://github.com/dotnet/cli-lab/releases
からインストールし、
dotnet-core-uninstall remove –all –sdk
を実行。