Windows 不具合関連

ここでは、動作を軽くする、不具合対策、共有設定など混ざっている。

リモートなどでセーフモード再起動する場合

shutdown /r /t 0
r:再起動
s:シャットダウン

UEFI設定・BIOS起動

shutdown /r /fw /t 0
あるいは、
スタートメニュー>設定>更新とセキュリティ>回復>今すぐ再起動>トラブルシューティング>詳細オプション>UEFIファームウェアの設定>再起動

イベントビューワー

eventvwr
エラーがでていないか目を通す。

ファイルシステム

sfc /scannow (不整合)
dism /online /cleanup-image /restorehealth (破損)

デフラグ

dfrgui
あるいは、
ドライブ右クリック>ツール>最適化

感覚的にはデフラグで快適になることも多い。Win10ならSSDもOK。

エラーチェック

(Win7まで)chkdsk /f
(Win10)chkdsk /scan
あるいは、
ドライブ右クリック>ツール>エラーチェック

もし、オフラインを要求されたら
chkdsk /spotfix
それでもだめなら
chkdsk /f
を実行する。

クリーンアップ

cleanmgr
あるいは、
ドライブ右クリック>全般>ディスクのクリーンアップ

ccleaner等のツールを使ってもOK。

高速スタートアップの無効化

無効化しておくことが多い。

powercfg.cpl>電源ボタンの動作を選択する>現在利用可能ではない設定を変更します
高速スタートアップを有効にする
のチェックを外す。
(ハイブリットスリープが無効の場合は表示されない)

・ハイブリットスリープの無効化
powercfg /h off

・電源の状態
powercfg /a

・休止状態とスリープ

休止状態:HDD(hiberfil.sys)に保存する。
スリープ:メモリに保存する。
ハイブリットスリープ:メモリとHDDの両方に保存する。

プロセッサ優先度

powercfg.cpl

更新プログラムの確認

(win7)wuapp>更新履歴の表示
(win10)設定>更新とセキュリティ>更新の履歴を表示する

スタートアップ停止

taskmgr>スタートアップ
shell:startup
shell:common startup

またはccleaner等

(Win10)設定>プライバシ>バックグランドアプリ

不要機能停止

optionalfeatures

不要サービス停止

msconfigや、services.mscから手動でも停止可能。
無闇に止めると動かない機能もあるので注意

Windows 不要サービス停止

不要タスク停止

Windows タスクスケジューラ

インターネットエクスプローラー

設定をリセットする。
履歴を削除する。
終了時に履歴を消す。

視覚効果・仮想メモリ

sysdm.cpl>詳細設定>パフォーマンスオプション
視覚効果はパフォーマンスを優先し最低限のみ残す

詳細設定>仮想メモリ
をシステム管理サイズへ。

メモリが十分な場合、ページングファイルなし

Windows Defender

(Win7)control>Windows Defender

自動スキャンとリアルタイムを止める。

インデックス停止

control>インデックスオプション

メンテナンス

(Win7)control>アクションセンター
(Win10)control>セキュリティとメンテナンス

不要なら通知やメンテナンスを止める。

トラブルシューティング実施

control>トラブルシューティング>設定の変更

とりあえず標準のトラブルシューティングで確認してみる。

ネットワークカード

Windows NIC関連

ネットワークプロファイル変更方法

Win10設定>ネットワークとインターネット>状態>接続プロパティの変更
必要なら、プライベートに。

共有が切れる場合

ncpa.cpl>右クリックプロパティ>構成>電源の管理
電力の節約のため … のチェック外す。

ネットワーク探索が有効にできない
(ネットワークに表示されない)

services.msc
から、
Function Discovery Resource Publication
Function Discovery Provider Host
Network Connections
UPnP Device Host
Peer Name Resolution Protocol
Peer Networking Grouping
Peer Networking Identity Manager
SSDP Discovery
DNS Client
あたりを様子を見ながら有効化

control>ネットワークと共有センター>共有の詳細設定>プライベート>ネットワーク探索>ネットワーク探索
を有効にする。必要ならその他の項目も変更。

NetBIOSで認識する古いNAS等は
optionalfeatures
から、SMB1.0が有効かどうか確認。
ちなみに、昔はNetBIOSのみだったが、現在はWSD、SSDP、UPnPなど複数存在する。

firewall.cpl>詳細設定>Windows Defender ファイアーウォールを介したアプリまたは機能を許可

Netlogon サービスをチェック、ファイルの共有などチェック。

ncpa.cpl>プロパティ
に表示される、Link-Layer Topology Discovery xxxxもLLTDで過去にネットワークマップを作るため使っていたプロトコル。また、LLDPも同じように探索に使われるプロトコル。両方とも無効で問題なし。

nbtstat -A <IPアドレス>
にて表示されないPC対象に実行するとすぐに表示される場合もある。

このとき..__MSBROWSE__.と表示されるPCはマスターブラウザといってネットワークに表示される情報を管理しているPCであり、net viewで一覧を取得するときにも利用されている。マスターブラウザはサービスのComputer Browserで有効化できる。

タスクトレイを再構築

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\LocalSettings\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\TrayNotify
IconStreams、PastIconsStreamの2つのキーを削除してexplorer.exe を再起動。

WindowsUpdate・SoftwareDistribution関連

%SystemRoot%\SoftwareDistribution
フォルダをセキュリティソフトの監視対象から外す

アップデートで上手くいかない場合は、wuauserv等を止めてSoftwareDistributionをクリアする。

アイコンキャッシュ

del /a C:\Users\s.okamura\AppData\Local\IconCache.db
一度消して再起動する。

フォントキャッシュ

C:\Windows\System32\FNTCACHE.DAT
削除する

Excel

バックグラウンドのエラーチェック、オートコレクトを止める。
不要アドイン解除

Excel 特定のシートが重い場合

ドライバーとプリンター

・control>デバイスとプリンター
不要デバイス削除

・ドライバー更新
上記やってもダメな場合、ディスプレイとネットワーク関連を先ず最新にする。

・Flashが問題のとき
これも意外と多い。もう必要性も少ないのでFlashに関連するものは全て捨てる。

レンダリング
(ハードウェアグラフィックアクセラレータ)

数台FujitsuのPCで異常に重くなったことがあって、ドライバー類を最新にしてもダメで、ソフト側のレンダリングを止めることで改善した。

Acrobat Reader
>編集>環境設定>3Dとマルチメディア>レンダラーオプション>優先的に利用するレンダラー>ソフトウェア
に変更する。
>従来のビデオカードでハードウェアレンダリングを有効にする
チェックを外す。

PDF-XChange Viewer等に変更してしまうのも手。

Internet Explorer
>ツール>インターネットオプション>詳細設定>GPUレンダリングではなくソフトウェアレンダリングを使用する。

Chromeにもある。

Excel
>ファイル>オプション>詳細設定>ハードウェアグラフィックアクセラレータを無効にする
チェックする。