C# 文字列からハッシュ値を計算

 

C# 文字列をAES暗号化

 

Outlook データファイル 最大サイズ対応

受信トレイのフォルダ構造をそのままにしたい。

ファイル>アカウント設定>データファイル>ファイルの場所を開く
エクスプローラでファイルの場所が開いたら、現在利用しているpstファイルを別名にてコピーする。

コピーしたpstファイルを
ファイル>アカウント設定>データファイル>追加

から追加し、設定から名前を変える。

元の受信トレイのメールを削除する。
最大サイズに達していて削除できない場合、Shiftを押しながら削除する。

削除したら、
ファイル>アカウント設定>データファイル>設定>今すぐ圧縮
を実施すると直ぐにファイルサイズが小さくなる。

VBA Worksheet_Change/SelectionChange

クリックしたセルの値を取得

セルの値の変更をチェック

 

KING OF TIME、サテライトオフィス、LINE WORKS連携

KING OF TIME

・LINE/DeveloperConsole
https://developers.worksmobile.com/jp/console/

API1.0>API ID>発行

Service API Consumer Key(下段)>発行
トークBotすべてにチェック>発行

トークンの有効期限と自動延長について設定する。
(自動延長を有効)

Server List(ID登録タイプ)>追加
サーバー名:任意
Keyの選択:Server API Consumer Keyで作成したもの

・KoT/勤怠管理画面

設定>その他>オプション
LINE WORKS連携を使用するに変更

設定>その他>オプション
LINE WORKS連携をクリック。

>Developerアカウント:管理者アカウント
>ドメインID:メニュー下にあるDomain ID
>API ID:
>Server API Consumer Key:
>サーバーID:Server ListのID
>サーバー認証キー:Server Listの認証キーでダウンロードするファイル

設定>その他>LINE WORKS連携設定>アカウント設定
対象の人にLINE WORKSのアカウントを登録
初回メッセージ送信を実行。(打刻メッセージの編集が必要な場合実行)

***

基本、出退勤+休憩+外出のみ打刻可能のよう。

サテライトオフィス・ワークフロー

・サテライトオフィスセットアップ画面
https://workflow.sateraito.jp/sateraito/worksmobile/contract/request?hl=ja

必要な情報を入力

>LINE WORKSのドメイン/グループ名
を入力。

・LINE/DeveloperConsole
https://developers.worksmobile.com/jp/console/

SAML Apps>追加
>Application Name:任意
>Description:
>Logo:
>ACS URL:セットアップ画面に記載有り
>SP Issuer(Entity Id):セットアップ画面に記載有り
>Name ID:
>Name ID Format:

次へを実行。

SAML Apps>変更>有効
保存。

SAML Apps>LINE WORKS Identity Provider情報>Certificate>ダウンロード

・サテライトオフィスセットアップ画面

X.509証明書 (Certificate)
にダウンロードしたファイルを開いて貼り付け。

会社名以降必要な情報を入力し、
確認する>お申し込みをする

***

メールが来るので確認する。

C# マウス座標 取得方法の比較

 

フレッツ光 契約回線認証失敗

フレッツ光メンバーズクラブ内で必要となる契約回線認証が失敗してしまう。

利用しているAterm WF1200CRでは、
ホーム>基本設定>IPv6ブリッジ
を有効にすれば認証成功する。

その他の方法として以下。

・初回設定

Win10設定>ネットワークとインターネット>ダイヤルアップ
を開き、
新しい接続を設定する>インターネットに接続します>次へ>新しい接続をセットアップします>ブロードバンド(PPPoE)
を順番にクリックする。

ユーザー名:guest@v4flets-east.jp
パスワード:guest (パスワードを記憶する)
を入力したら接続をクリックする。
(処理が始まったらスキップして閉じてしまってOK)

・接続方法

Win10設定>ネットワークとインターネット>ダイヤルアップ
を開き、
ブロードバンド接続>接続
を順番にクリックし接続する。

https://www.v4flets-east.jp/wso_point/point_Auth.jsp
にアクセスする。
会員ID、パスワードを入力>確認するを押してタイムアウトまで待つ。
ダイヤルアップを切断する。
タイムアウトしたウィンドウがリロードされ遷移中と表示されたら、https://members-club.flets.com/
にアクセスする。

サービス情報サイトにアクセスする場合、
ダイアルアップに接続したまま
http://www.flets/
にアクセス。

 

 

Visual Studio 2022 CloseTabsToRightインストール

Visual Studio 2022でCloseTabsToRightを利用しようとしたが、そのままではインストールできなかったため。

リポジトリのクローンから
https://github.com/billpratt/CloseTabsToRight
からクローンする。

ソリューションエクスプローラ>CloseTabsToRight.sln
を開く。

ソリューションエクスプローラ>source.extension.vsixmanifest>Install Targets
Version Range
[14.0,17.0]→[16.0,18.0]
に変更する。
Product Architecture
空白→amd64
に変更する。

メニュー>プロジェクト>CloseTabsToRightのプロパティ>アプリケーション>対象のフレームワーク
4.7.2
に変更する。(NuGetの更新にエラーがでるため)

メニュー>ツール>NuGetパッケージマネージャ>ソリューションのNuGetパッケージの管理>更新プログラム>すべてのパッケージを選択
更新する。(複数回実行)

ソリューションエクスプローラ>参照(右クリック)>参照の追加>アセンブリ>拡張
EnvDTE、EnvDTE80
のチェックを外す。

メニュー>ツール>NuGetパッケージマネージャ>ソリューションのNuGetパッケージの管理>インストール済み
Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.15.6.DesignTime
Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.15.3.DesignTime
Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.12.0

Microsoft.VisualStudio.Shell.Interop.11.0
をアンインストールする。(依存関係があるので上からアンインストール)

ソリューションをビルドし、作成されたCloseTabsToRight.vsixを実行する。

メニュー>ツール>オプションキーボード
その他のコンテキストメニュー.簡易MDIドキュメントウィンドウ.CloseTabstotheRight:Shift+Alt+Z

さくらのレンタルサーバ WordPress導入

http://ドメイン/member
のようなURLで導入してみる。

・サーバー確認

コントロールパネル>サーバー情報
を確認。
>Apache/2.4.52

・PHP確認+設定

php -v
を実行。
>5.4.45
あるいは、phpファイルを作成しphpinfo()を実行する。

今回はバージョンが古いため、
コントロールパネル>スクリプト設定>言語のバージョン設定
から以下のように設定。
PHPのバージョン:PHP8.0[推奨]
モード:モジュール

・DB準備

コントロールパネル>Webサイト/データ>新規追加
から以下のように追加。
データベースバージョン:5.5
データベース名:wpd
データベースユーザ名:wpd
データベース接続用パスワード:xxx
データベース文字コード:UTF-8(utf8)
ネットワーク接続の暗号化:暗号化しない接続を許可する

・WordPress インストール

cd /home/ドメイン/www/member
wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
tar -zxvf latest-ja.tar.gz

wordpressというフォルダができるので適当に中身を移動する。

cd wordpress
mv * ../
cd ../
rm -r wordpress

ブラウザから、
http://ドメイン/member
にアクセスし必要な情報を設定する。

・アクセス制限

社内向けなのでIPで弾く。

/home/ドメイン/www/member
の.htaccessに追記。

require all denied
require ip xxx.xxx.xxx.xxx

 

SoftBank(iPhone) 機種変更

故障もせず不便もなかったのでiPhone7のままだったが、
流石にそろそろ機種変することにした。

プラン

・ミニフィットプラン+
音声:基本プランと、
データ通信:データプランミニフィット+
を含むプラン。

データ量に応じて3段階
0-1GB 3,278円(内1,078音声プラン)
1-2GB 4,378円(内1,078音声プラン)
2-3GB 5,478円(内1,078音声プラン)
(3GBを超えると128kbps)

・家族割引

同一名義でも家族割引は可能。
https://www.softbank.jp/support/faq/view/10006

機種変更を行っても「家族割引」は継続する。
https://www.softbank.jp/support/faq/view/19703

名前が似ている「新みんな家族割」は回線数に応じて料金が割引される。
家族割引は通話やメールが無料となる、別のオプション。

端末

iPhone同士の機種変でSoftBankのオンラインショップを利用しているので、端末/SIM関係で特に注意することはなかった。

SIM種類
・mini(標準サイズとされる)
・micro
・nano(iPhone5~)

データ移行

クイックスタートもあるらしいが、とりあえず従来の方法で。

・iTunes(デスクトップアプリ版)

データ移行するためにAppleIDでログインする必要はない。

同期の停止(バックアップは同期とは別)
編集>環境設定>デバイス
iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない
をチェックする。

・旧iPhone

iTunesに接続してデータをバックアップする。
携帯マーク>概要>バックアップ>このコンピュータ(暗号化)
今すぐバックアップ
を実行する。パスワードは適当でOK。

WiFi環境なので、旧iPhoneはこれで電源を落としてしまってOK。

Wallet系がある場合、クレジットはセキュリティコードの入力が必要。交通系ICは再登録の手続きが必要。

・新iPhone

iTunesに接続すると、新しいiPhoneへようこそと表示されるので、
このバックアップから復元
を実行する。
※iTunesに既に接続したことがあり復元のダイアログがでてこない場合は、
携帯マーク>概要>バックアップ
バックアップを復元
を実行する。

初期セットアップをする。
(設定によって違うが、AppleIDの2ファクタ認証のコードが届くので注意)

一通りアプリを起動し、データが引き継がれているか確認する。
ログインが切れたり、VLCなどはファイルが移行されない。

電源を切りSIMカードを移動する。